人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

刺激を求め、オンライン・ブック・クラブに参加しました──「自分」整理術(50代後半)その7   

f0124737_08410628.png
英語教育についてはこれまで様々な人から刺激を受けてきましたが、その中のお一人から、オンライン・ブック・クラブのご紹介を年末にいただきました。特定の本をメンバーが事前に読んできて、面白いと思ったところや考えたこと、そして疑問に思ったことなどについて話し合うのがブック・クラブなのだそうです。また、オンライン・ブック・クラブでは、遠隔地にいるメンバーがメールを通してブック・クラブを行うとのことです。

1冊目の課題図書がおもしろそうだったことや、「えらそうなオヤジ」化を逃れるためにはいろいろな考えに触れることが必要なので、さっそく申し込んでみました。

おもしろそうとは言え、やっぱり英語授業学の本の最初は堅苦しく、なかなかページが進みません。でも、そこを我慢して読んでいくと、さまざまなことが頭に浮かんできます。忘れないようにメモにまとめて、あとから読み返してみると「へぇ、こんなことを今の自分は考えていたんだ」と感じるときも少なくありません。

今回は、1冊の本を5つに分けてまとまりごとの感想を投稿するのですが、その締切が週ごとに定められています。最初はできるかなと思ったのですが、すでに2回が終わり、明日は3回目の締切です。

毎週、参加者から寄せられる投稿を拝見すると、自分の着目した箇所と重複することはほとんどなく、また、意見にしても「そうなんだ!」と感じることが少なくありません。自分も新米に戻ったような気持ちで2回目・3回目は感想を書いています。書きながら、20代前半に参加していたCOFSという英語の勉強会の様子を思い出しました。自分と同じ意見には「そうだよな」とうなずき、思いもしない考えには驚く、あのワクワク感です。

さて、3回目の投稿がもうすぐです。

【追記】
2月中旬、無事に完走しました。ちょっと感動です。

by tawashisroom | 2019-01-20 17:51 | 「自分」整理術

小松菜とバナナのスムージーはなかなかのもの──「自分」整理術(50代後半)その6   

f0124737_10012284.jpg
一昨年だったでしょうか、ふと気が向いてスムージーミキサーを購入し、それから朝は小松菜とババナのスムージーを作って飲んでいます。最初はおっかなびっくりだったのですが、青汁臭くもなく、ごくごくと飲めます。ニンジンなども入れた時もありましたが、一言では表現できない味となり、それからは遠慮しています。

しかし、使っているにつれ、あちこちにガタが出てきました。強化ゴムの蓋にヒビが入り、ボトルと台の組み合わせもしっくりせず、力を入れないとしっかりハマりません。そこで、昨年末に「クリスマスプレゼント、何がいい?」との問い合わせが家族からありましたので、「ではスムージーミキサーをよろしく」と答え、贈ってもらいました。

今度はボトルも刃の部分が外れるので洗いやすく、新品なので台座とボトルの接続もスムーズです。小松菜・バナナのコンビ以外にも冒険しようかなと思っています。

by tawashisroom | 2019-01-13 10:04 | 「自分」整理術

朝の登校指導は派手な格好で──「自分」整理術(50代後半)その5   

f0124737_20371732.jpg
真っ赤なウィンドブレーカー、オレンジのベスト、赤いネックウォーマー、小豆色の毛糸の帽子、いずれも派手な衣装です。

夏は麦わら帽子にオレンジベストでしたが、2学期の末から朝はこんな格好で勤務校の近くの横断歩道のところに立っています。集団で登校する子どもたちが安全に道路を横断できるように、手に持った黄色の「横断中」の旗を車道に差し出しながら子どもたちに「おはよう」と声を掛けると、大小様々な声の「おはよう」が返ってきます。

こんな派手な格好をしているのには理由が三つあります。

まず、暖かいからです。ウィンドブレーカーはワークマンで買った安価なものですが、寒気を防いでくれます。

次に、子どもたちに目立つからです。遠くからでもこの格好なら「あっ、先生がいる!」とわかります。

最後に、車のドライバーにも目立つからです。横断歩道付近に怪しげな格好の人がいれば、流石にスピードは控えるでしょう。また、万が一、不審者が通りかかっても「ここはヤバイ。近寄らないようにしよう」と思ってくれるかもしれません。「見せる防犯」です。

絶対に、自分が目立ちたがり屋だからではありません。そう思いながら立つ日々がまた始まります。

by tawashisroom | 2019-01-05 20:46 | 「自分」整理術

New Year's Credo──今年はこれをやる   

f0124737_22104703.jpg
新年になりました。この時期、頭に浮かんでくる文章が二つあります。一つは「えらそうなオヤジにならないために」です。

もう一つは、Robert Fulghum の "All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten" の最初の章、"Credo" です。 Fulghumさん流の飄々とした書きぶりで新年の抱負(誓?)について書いてあります。昔読んだときには、その中の一つである "Flush." がよくわからず、周りの人から「トイレをきちんと流すことだよ」と教えてもらいました。

今年、私がやりたいことは「信」「進」「伸」「新」です。
 信──人を信じて、仕事をもっと任せること
 進──仕事を自分でどんどん進めること
 伸──これまでの自分からちょっとはみだすこと
 新──やってみなかったことに挑戦すること

Fulghumさんは 「この頃は、Credoもずいぶん短くなってきた」「以前は、記述は何ページにも渡り、いろいろなことを取り扱おうとしていた」と書いています。私は108の煩悩を超えて109の目標を立てようと思っています。若い証拠でしょうか。

今年もよろしくおねがいします。

by tawashisroom | 2019-01-01 12:24 | その他