<   2012年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

英語教育、この一冊   

f0124737_17345585.jpg
私にとっては、「大村はま国語教室6 作文学習指導の展開」(大村はま 筑摩書房 1983)[拙コメント]、斎藤喜博全集第3巻「授業以前,心の窓をひらいて」(斎藤喜博 国土社 1970)][拙コメント]、「なんで英語やるの?」(中津燎子 文春文庫 1978)などさまざまな本が「この1冊」として浮かんできますが、なかでも一番始めに出てくるのは「これからの英語教師」(若林俊輔 大修館書店 1983)[拙コメント]です。

「なんで英語やるの?」を高校時代に読んで「英語の先生になろう」と思い大学に進み、そこで若林先生の授業を受けたときのショックは忘れられません。「教えればいいんだ」ではなく、教師として自分をどう磨くのか、教科書を使うことのメリットと限界、「デンスケ」を初めとした情報機器の活用、そして英語教育諸団体の特色など、これまで考えたこともないようなことが満載の授業でした。その一部がわかるのが「これからの英語教師」です。

More

by tawashisroom | 2012-09-30 00:01 | 英語教育

No.22 週1回、30分の「教師コミュニティ」 #校内打合せのヒント   

f0124737_6115241.jpg
これはまたうまい実践です。コメントにも書きましたが(そして、これを拙メモで取り上げた理由です)、「30分」「週1回」という設定がすばらしいですね。しかも、希望者は延長ありというところもよく工夫されています。小学校の実践ですが、中学校でもなんとかしてできないものでしょうか。

メモはここに

by tawashisroom | 2012-09-29 06:12 | 仕事>「校内打合せのヒント」

今日のワンフレーズ 9(483)   

f0124737_142885.gif

9/28 9(483)
We did not consult. We did not write a report. Enough of all that. (Pam Warhurst, TED)
新しく物事を始めたときのことをふりかえっての一言です。 Enough of all that. の決めぜりふが痛快です。

by tawashisroom | 2012-09-28 06:36 | 英語>「今日のワンフレーズ」

No.21 しかることはほめることよりエネルギーが必要 #校内打合せのヒント   

f0124737_612121.jpg
太田プロの社長のインタビューからの抜粋です。いろいろな人のお話をヒントにしようと思っているのですが、どうしても教育者か仕事術関係の人が中心になってしまいます。そんなとき、教育誌にこのインタビューが載っていたので、読んでみたら「ほぉ~」というところがありました。さっそく抜き出して、コメントを書いてみました。

メモはここに

by tawashisroom | 2012-09-24 06:13 | 仕事>「校内打合せのヒント」

メモ05 ガイドブックを使ってはいけないの? #英語授業再検討   

f0124737_11361512.jpg
「ガイドブックなどの解説プリントの使い方」について考えてみました。
ガイドブックは、語句の意味や本文の意味を調べてくるという予習を課す先生にとっては、生徒がお手軽に答を見つけて発表してしまう、「授業の敵」である。しかし、私のように、
1 まずは教科書を自力で読んで理解する努力をした後(理解)
2 音読や筆者、繰り返しCDを聞く、繰り返し黙読するなどして、本文を暗記する(習熟)
3 そして覚えた文を応用する(応用)
という流れで授業をするものにとっては、1が終わった後で答合わせをするときとても便利な教材である。私が無駄な説明をせず、ともすると私よりうまい説明をしてくれているかもしれないガイドブックに、説明の部分を委ねるのである。そして、「わからないところやチェックが必要なところがあれば、先生を呼んでよ」と声をかければ、ガイドブックはとてもハンディな存在となる。
前述のように、生徒が能動的に説明を求めることが大切であり、その時には板書プリントであれ、ガイドブックであれ、生徒が有効活用できるものであれば、何を使っても一向にかまわないと私は思う。(p.26 引用にあたっては丸数字を算用数字に変えています。)
「何を使っても一向にかまわないと私は思う。」、こういう考え方、大好きです。大村はまさんや斎藤喜博さんなど、英語以外の教育家でも、おもしろそうな実践や考え方はどんどん授業に取り入れようと思っていました。

More

by tawashisroom | 2012-09-23 11:37 | 英語教育

企画を4コママンガでアピールしてみよう   

f0124737_8233422.jpg

仕事柄、自分の考えていることを文書にまとめて、周りの人に提案することがよくあります。でも、それは英語の授業をしていた時も同じでした。単元のオリエンテーション用ハンドアウトなどは、単元のねらいやキーポイントを生徒にわかりやすく伝えるものですし、単元途中の活動練習説明用ハンドアウトも同様です。

その提案メモに、4コママンガを使ってみました。いやはや、とてもおもしろい試みでした。そのおもしろさにはいくつか種類があります。(フザケテいるなどの悪印象はもちませんでした。これも、少年ジャンプの発刊前からマンガを読んでいた私だからでしょうか。)

More

by tawashisroom | 2012-09-22 08:30 | 仕事の進め方

今日のワンフレーズ 8(482)   

f0124737_142885.gif

9/21 8(482)
Slowly it was dawning on me that theses handbags were made by their factory, and every single one of them was authentic. (Leslie T. Chang, TED)
dawn on me が夜明けの日の光を思い出させ、英語の比喩も面白いものだと思いました。

by tawashisroom | 2012-09-21 20:31 | 英語>「今日のワンフレーズ」

No.20 数値目標よりも現状改善の行動の確認を #校内打合せのヒント   

f0124737_2294122.jpg

成果指標とか数値目標とかいろいろ難しいのですが、こう言いきっていると気持ちがサッパリします。その分、大変なのですが。

メモはここに

by tawashisroom | 2012-09-20 00:01 | 仕事>「校内打合せのヒント」

今日のワンフレーズ 7(481)   

f0124737_142885.gif

9/19 7(481)
He got this one wrong. Just because a person spends her time making a piece of something does not mean that she becomes that, a piece of something. (Leslie T. Chang, TED)
内容もなかなか格好いいことを言っています。そうなんですよね、勝手に思い込んでしまってはいけません。英語表現としても get ... wrong はなかなか使えません。

by tawashisroom | 2012-09-19 00:29 | 英語>「今日のワンフレーズ」

RunKeeperからの一言は効く!   

f0124737_19551651.jpg

10月に人間ドックを控え(?)、最近、休日の朝の散歩を心がけています。そうはいっても、朝寝をしたいのが人間、なかなかうまくいくものではありません。そんなとき、インターネットのあちこちの紹介を見て、RunKeeperを使ってみました。

f0124737_19572980.jpg無料のアプリですがおっかなびっくりインストールして、初めての起動。アカウントを何とか登録して、さて、散歩に出発です。噂には聞いていましたが、5分経つと英語で「5分経過。ここまで○.○○km。1キロ当たり平均○分○秒。目標ペースを○秒上回っています。」とアナウンスが聞こえてきました。

More

by tawashisroom | 2012-09-18 00:46 | iPad iPhone Mac mini