語研の大会に行ってきました   

f0124737_2121796.jpg
11月4日、数年ぶりに語学研究所の研究大会に行ってきました。英語の授業づくりについて収穫の多い一日でした。今の仕事にも生かせそうです。

また、小学校の外国語活動について、平成23年度から全面実施と聞く新学習指導要領では高学年で必修化となっていますが、語研ジャーナル6号に寄稿されている久埜百合先生のお話を読み、英語教育のプロとしてもっと考えなくてはいけないなと感じました。

これまでは「外国語会話に触れ、外国の生活や文化に慣れ親しむ」ということが留意事項となっていたわけですが、年間35時間ともなればそれだけでは済みません。「コミュニケーション能力」「国際理解」「英語表現」について、どう目標や手段を設定すればいいのか、考えてみたいと思います。

収穫の多い一日でした。そして、自分の課題もたくさん見えた一日でした。
[PR]

by tawashisroom | 2007-11-05 20:58 | 英語教育

<< 小学校外国語会話(仮称)と中学... 評価についての見直し >>