自転車で行ってみようじゃないか──アクション・リサーチ全国大会に参加して(番外編)   

f0124737_16080082.jpg

実は、アクション・リサーチ全国大会の前日、野望をいだいていました。会場まで自転車で行ってみようというものです。

調べてみると、片道約30km。行けない距離ではありません。信号待ちや休憩などを入れても、3時間あれば大丈夫です。ただ、会場についたときには汗まみれになっているので、着替えは必需品です。はてさて、どうしましょうか。

当日の朝、結論は簡単に出ました。目が覚めたら、開会式の3時間前だったのです。時間的にもう間に合わないので、おとなしく車と電車、そして徒歩で行きました。当日の収穫がたくさんあったことは別の投稿「3観点と3方法で授業中の諸活動を分析」「年度始めの授業開きでガッチリ」などで紹介中です。

翌日は快晴、ちょっと負けず嫌いな気持ちが膨らんできました。輪行セットと着替えをバッグに詰め込み、財布とスマホ、パンクセット(一度も使ったことがありません)をセットして、8時前に出発しました。

最初の10kmは何度も通った道です。気楽に走っていました。多少のアップダウンはありますが、まあ、予想したとおりです。そこから10kmも大丈夫でした。最後の10kmは難儀しました。「ああ、会場のある○○という街は坂ばかりだ」と実感します。もちろん、道もあちこちで間違えました。

そして、無事到着。所要時間は3時間、やっぱり1時間10kmペースでした。帰りは電車に乗ろうかとも思ったのですが、せっかくなので漕いで帰りました。もちろん、道も間違え、アップダウンに苦労しての3時間でした。

でも、なぜか、家に着くと気持ちはスッキリしていました。だから、自転車は辞められません。(といいながら、月に数回しか乗っていませんが)

[PR]

by tawashisroom | 2018-09-30 07:14 | 自転車

<< 単元の終わりは振り返りをガッチ... 年度始めの授業開きでガッチリ─... >>