「スカッとするのでスーパースロージョギング」はちょっと続く   

f0124737_21470665.jpeg
Photo by Arun Thomas from Pexels
2月のはじめに「それからのぼくにはマラソンがあった」という本を読み、けっこう衝撃を受けました。それをきっかけに、自転車でポタリングできない平日などは、夜にときどきゆっくりジョギングや速歩ウォーキングなどをするようになりました。私としては、とても珍しいことです。




別ブログで進めている書評にも書いたのですが、「ダイエット目的でも速さでもなく、気持ちいいから走るんだ」「サードプレイスとしてのランニング」という考えにはビックリしました。それから「一生使える脳」も読み、ついでに「ランニングする前に読む本」なども買ってあちこち見ているうちに、「平日に帰ると夜になっていて、自転車が乗れない。それなら、速ウォーキングやスロージョギングをしてみようか」という気になってきました。

速ウォーキングを数日やると、それならちょっとジョギングしようかと思います。ちょこっと走り出すと、息が切れました。そこで思い出したのは「スロージョギングはニコニコモードで」という言葉や「鼻呼吸ジョギングなら長く続く」という言葉です。さっそく、鼻呼吸で走れる速さで走ってみました。すると、10分間、続けて走れるのです。しかも、走り終わると息が切れますが、けっこういい気持ちになります。

脈拍を見ると140~150ほどで、けっこう速いのですが、でも10分走れました。しかも、ちょっと気持ちいい。そんな日が積み重なり、いまでは30~40分を速ウォーキングとスーパースロージョギングとを組み合わせて、週に何日か夜走ることが、4週間目に突入しました。始めるときにはちょっと嫌な気持ちもしますが、でも、続けている最中や終わったときにはちょっと気持ちがいいですね。しかも20分以上も続けてジョギングできたときにはとても嬉しくなりました。ちなみに、スマホのランニングアプリに寄ると、時速6~7kmです。「スーパースロージョギング」のとおりでした。

飽きっぽい私のことなので、いつまで続くかわかりませんが、楽しいことは続くなぁと感じています。

[PR]

by tawashisroom | 2018-03-04 22:10 | その他

<< ポメラ、冬眠から覚める 衝撃──「みんなの学校」を見て... >>