残す情報は黒板に、変わる情報はICTで──全国縦断教育の情報化セミナーに参加して   

f0124737_20551334.jpg
12月3日の夕方、「全国縦断教育の情報化セミナー」の後半に参加しました。あちこち調整して行ったのですが、その甲斐はあり、いろいろな収穫を得ました。

まず、かつて仕事をご一緒させていただいたK先生にしばらくぶりにお会いできたことです。仕事にロマンを持ってバリバリやっている姿を見て、よし私も「偉そうなおじさん」ではだめだ! と改めて感じました。明日からいろいろやろうと思います。




それから、さまざまな発表を聞きましたが、「ICTはオールマイティ」というものは何もなく、むしろ「ICTはここだけ」という使い方が強調されていて、ホッとしました。タイトルで示した「残す情報は黒板に、変わる情報はICTで」もその一つです。この考えで行くと、肩の力は抜けますが、その分、教師の授業分析が必要になります。力量アップにもつながります。一挙両得です。

[PR]

by tawashisroom | 2016-12-03 21:26 | 仕事の進め方

<< 今日のワンフレーズ 1(534) chatting の練習は三人... >>