最近、よく使っているiPhoneアプリ   

最近使っているiPhoneアプリをメモしておきます。

1 データのやり取り
・Pushbullet
 簡単なテキストや写真1~2枚をWindowsやMacなどのPCとやりとりするときに重宝しています。手軽なところがいいですね。
・PhotoSync
 Pushbulletでは1枚ごとに操作が必要なので、写真が3枚以上になるとはっきり言ってめんどくさいです。そこで、3枚以上の場合はPhotoSynceでパソコンとやりとりをしています。
・ShotDoc
 文書の写真を撮り、台形補正をするのに重宝しています。そのあと、Evernoteにもすぐにアップロードできます。
f0124737_00463713.png

2 データの作成、保管
・Evernote
 出張の予定やいろいろなメモを記録したり、次項の100年日記を編集したりしています。
・100年日記
 1日1~2行くらい記録しています。2年目に入ったので、昨年の記録と今年の記録が並んで見られるのがとても面白いです。WebならEvernoteから編集できることも便利です。今では、入力の9割がEvernoteからで、閲覧の6割がiPhoneアプリでというかたちです。
f0124737_00463890.png

3 画像撮影、編集
・OneCam
 撮影サイズの変更は簡単ですし、シャッター音もしません。
・SimpleResize
 写真のリサイズも簡単で、変更したものをすぐにメールで送れます。
・Tiled
 単純なコラージュはこれで十分。仕上げた作品はすぐにメールできます。
・CanonPrint
 iPhoneで文書の写真を撮ると、けっこうブレてしまうことがあります。そんなときには、Canonの複合機(Wifi付き)のスキャナ機能を利用して、読み取ります。これも結構便利です。
f0124737_00463868.png

4 データ収集、読み物
・Flipboard
 自分の好みに合わせて、いろいろなニュースが見られます。Twitterもこれで見ています。
・Kindle
 すぐにわからない英単語を調べられるので、洋書を読むときに使っています。和書は、私は紙媒体です。(そもそも、図書館は紙媒体中心ですし)
・くるまきカレンダー
 予定の確認は、数か月分が簡単にみられるので、これが一番です。
・Runkeeper
 サイクリングやウォーキングの記録、もう4年も使っています。Webからならルートの登録ができることも最近わかり、この機能も少しずつ試しています。
・Google Map
 便利です。
f0124737_00561714.png
5 その他
・Find iPhone
 「あれ? どこに置いたかな?」ということが月に1回くらいあります。そのときにPCからでもiPhoneの場所を探せるので、便利です。
・ベルアラート
 コミックの発売日を知らせてくれるので、いくつか登録しています。ただ、最新版にアップデートしないと通知が読めないのにはちょっとまいりました。
・IS Contacts Kit
 連絡先のバックアップが手軽にできます。Excel形式で書き出しや読み込みが簡単にできるので、何十人まとめて登録したいときには、PCでエクセルファイルをつくり、このアプリでiPhoneに読み込んでいます。
f0124737_01004869.png
さて、2年前に書いた「iPhoneとMac miniとのいろいろな連携」で紹介したアプリは、今、まだ使っているのでしょうか。

> その1 Dropboxでテキストの連携
相変わらず活用しています。

> その2 「今日、思い切ってしたこと」はDayOneで
これは「100年日記」で記録していますね。

> その3 いろいろな通知メールはGmailで
GmailはiPhoneではInboxを使って読み書きしています。iPhoneの標準アプリ「メール」は携帯メールとプロバイダメールの読み書きです。

やっぱり、時間が立つとiPhoneの使い方も変わり、使っているアプリも変わってくるものです。

[PR]

by tawashisroom | 2016-09-24 01:06 | iPad iPhone Mac mini

<< 今日のワンフレーズ 2(529) 今日のワンフレーズ 1(528) >>