iPhoneとMac miniとのいろいろな連携   

f0124737_210173.jpg

早いもので、Mac miniを購入してからもうすぐ8ヶ月、iPhone4sを買ってから1年と半年が経ちました。やはりiOSとOSxはいろいろな連携ができて、とても便利です。今、自分が利用しているものをメモしておきます。きっと他にもいろいろあるのでしょうが、現在の自分の状況で便利だなと思うものを3つ紹介します。



その1 Dropboxでテキストの連携
簡単なメモやブログの原稿などはDropboxを使って、iPhoneとMac mini、そしてWindows機で連携を図っています。いつでもどこでも参照できて、結構便利です。

iPhoneからはPlainTextやWriteというアプリを使ってメモを取ったり、テキストを見たりしています。初期設定の保存先がDropboxなので、簡単に文書を保存できます。長文を入力するときはbluetoothキーボードを出先で使ったりしていますが、簡単なメモならiPhoneだけでちょちょっと打ち込んでしまいます。もっとも、ブログの原稿などはMac miniやWindows機からキーボードを使って打ち込むことがほとんどです。

その2 「今日、思い切ってしたこと」はDayOneで
結構いろいろなことでグダグダ悩むこともあり、そんな時には「思い切ってやってみよう」と決めて、些細なこと(たとえば、いつもより15分早く家を出るとか)でもいいので、一日ひとつは挑戦するようにしています。その記録は、現在、DayOneというアプリで取っています。

DayOneのいいところは、写真との組み合わせがとても楽で、しかもGPSと連携して現在地やその時の天気・気温まで記録してくれます。今は入力はiPhone、大幅な修正があったらMac miniという使い分けです。また、一覧表示がiPhone、Mac miniともとても見やすく、「そうか、あの日はこんなことがあったんだ」と思い返すこともよくあります。おかげさまで三日坊主の私が2ヶ月くらい続いています。

その3 いろいろな通知メールはGmailで
今、私は3種類のメールを使っています。
・iPhone……ezwebメール、Gmail、プロバイダメール(Web版)
・Mac mini……Gmail、プロバイダメール(Web版)
・Windows機……プロバイダメール、Gmail
ezwebメール、Gmail、プロバイダメール、それぞれ特徴があり、使い道はさまざまですが、どの端末からも見ることができるのはGmailです。そこで、いろいろな通知メールはGmailで届くように送付先を変更しました。たとえば、図書館からの「予約資料貸出OKメール」やレンタルDVDの「返却日通知メール」などです。職場からの緊急連絡メールも同様です。

こうしたおかげで、どの機械を使っていても直ぐに確認ができ、DVDを返したり、図書館に借りに行ったりすることがタイムリーにできるようになりました。結構便利です。
[PR]

by tawashisroom | 2013-09-17 01:30 | iPad iPhone Mac mini

<< 今日のワンフレーズ 3(518) No.64 「満足7:不満3」... >>