拙ホームページを閉じて3週間   

f0124737_16470965.jpg
20年前に、英語の授業についての私的ホームページを開きました。そして、この夏、閉じました。その間、20万人以上のみなさんに見ていただき、ありがとうございます。開いた理由や閉じた原因は、そこに書いたとおりです。
 ただ、現場で教壇に立っていたときは様々な取組ができました。
 その取組も15年以上も前のことです。内容も古臭くなってきました。
 そろそろ、幕引きの潮時かと思います。
閉じて3週間が経ちましたが、感傷的な気持ちはあまりありません。やっぱり、今、さまざまな課題に直面して、目の前にあるいろいろなことをどう進めていくか、どんなふうに「背伸び」をして新しいことに取り組んでいくかに精一杯なためでしょう。マグロは酸素を体に取り入れるために一日中泳ぎまくっているといいます。私ももうしばらくはマグロなのかもしれません。(体脂肪はもっと減らさないと)

そう思っていたら、旧友から英語の研究会へのお誘いが届きましたので、すぐに申し込みました。やっぱり、英語の授業からは離れられそうもありません。

[PR]

# by tawashisroom | 2018-09-16 16:56

柄にもなく美術館巡りをして再確認したこと二つ   

f0124737_22140508.jpg
今日は、久しぶりに上野公園に行き、美術館巡りをしました。柄にも無いことをしたので、人気の展覧会の入場行列のことはすっかり頭にありませんでした。エッシャー展に行ってみると、すでに長蛇の列。すっかりやる気を無くし、東京都美術館に回りました。

これが大正解! プーシキン美術館所蔵のフランス絵画展を音声案内(550円でした)をつけてさまよってみると、いろいろな発見がありました。画家たちが互いに影響し合いながら、時代の流れをつくっていることがよくわかりました。(印象派からキュービズムのところは不明です)

そして、ちょうど広場では台湾フェスが開かれていたので、排骨汁無し坦々麺とルーローハン、それからかき氷をお腹に入れました。ちょっと元気が出てきます。エッシャー展に再挑戦です。待ち時間47分で中に入りました。

少年マガジンの表紙を飾ったこともあるエッシャーですが、いわゆるだまし絵やメタモルフォーゼだけではなく、人物画や風景画、それに収入を得るためにちょっとしたイラストなども描いていたことも説明されていました。

今日、再確認したことは二つあります。

○お腹がふくれれば、元気が出ます。体と心は表裏一体です。

○画家も人間です。作風もどんどん変わり、時代の趨勢も動いていきますが、そこには人間と人間の関わり合いがあるのですね。どこかの本で「私は美術の作品から歴史全体を眺めるために、美術史を学んでいる」という言葉を見つけました。「歴史」は人と人とのつながりなんだ。

[PR]

# by tawashisroom | 2018-06-24 22:28 | その他

汗だくの上り18分の坂も、下りはたった3分!   

f0124737_22035205.jpg
昨年10月に自転車を買い替えたので、春になって休日は仕事場をはじとめとして、なるべくあちこちに自転車で行こうと心がけました。特に、折りたたみ自転車や8段変速ママチャリもどきでは挫けてしまって途中で休んだり押して上ったルートに再挑戦しています。

今日は自宅から20kmほどのところにある湖に行きました。前回は8段ママチャリだったので、途中の2kmほどの急坂では完全にギブアップ。1.5kmは押して上ったような記憶があります。今回はなんとかがんばれたのですが、登りはじめてすぐに一番軽いインナーローにして頑張ってペダルを回しました。時速は6km! ほとんど速歩きと変わりません。


続きはここに
[PR]

# by tawashisroom | 2018-04-22 22:19 | 自転車

セミナーに参加し、お土産をいっぱい手に入れました   

f0124737_22130230.png
3月25日(日)、小学館のセミナーに自主参加してきました。菊池省三&木村泰子という豪華なメンバーです。収穫、大でした。

途中退席したり、話を最初から最後まで聞くのではなく面白いところだけメモして「さて、自分ならどうやってみようか』などを考えたりするなど、私はいい参加者でなかったのですが、そのぶん、お土産はたくさん見つけることができました。家に帰って整理をして、誰にどう配るかを考えています。もちろん、自分でもぐもぐ食べるものも少なくありません。


続きはここに
[PR]

# by tawashisroom | 2018-04-08 07:34 | 教育

子ども向けの本の力はものすごい   

f0124737_18432338.jpg
今日は東京に出る用事がありましたので、午後は大崎で開かれていた「国際子どもの本の日」記念子どもの本の日フェスティバル2018を覗いてきました。

事前申し込みはしていなかったのですが、いろいろな楽しみがありました。「バリアフリーの部屋」で様々な本を拝見し、本の魅力はどんな子どもにとっても、どんな大人にとっても大きなものであることを実感しました。

また、帰り際に「おすすめ! 日本の子どもの本2018」というブックガイドを入手しました。現在勤めている小学校でも読み聞かせが盛んで、先生方も年に2回登場します。その資料になればと思ったのですが、目を通してみると、すぐに読みたくなる本が満載です。帰る途中で地元の図書館に寄り、2冊ばかり借りてすぐに読んでしまいました(「その1」「その2」)。

本好きな小学生が友だちと一緒になって本について喋っている姿を思い浮かべ、また、自分自身もルパンやホームズ、明智小五郎に夢中になった50年近く前を思い出しました。本の力は凄いものです。

[PR]

# by tawashisroom | 2018-03-25 20:28 | 教育

ポメラ、冬眠から覚める   

f0124737_18224424.jpg
 
f0124737_18225364.jpg
冬眠から覚めました、うちのポメラが。今日、試しに起動してみたら、キーがきちんと打てるのです。

このポメラDM20を購入したのはもう7~8年前、前の前の前の前の職場のときです。500ページの文庫本くらいの大きさですので、鞄に放り込み、仕事前に立ち寄ったコーヒーショップのテーブルの上に置いて、思いついたことをいろいろと打っていたものです。


続きはここに
[PR]

# by tawashisroom | 2018-03-11 18:24 | iPad iPhone Mac mini

「スカッとするのでスーパースロージョギング」はちょっと続く   

f0124737_21470665.jpeg
Photo by Arun Thomas from Pexels
2月のはじめに「それからのぼくにはマラソンがあった」という本を読み、けっこう衝撃を受けました。それをきっかけに、自転車でポタリングできない平日などは、夜にときどきゆっくりジョギングや速歩ウォーキングなどをするようになりました。私としては、とても珍しいことです。


続きはここに
[PR]

# by tawashisroom | 2018-03-04 22:10 | その他

衝撃──「みんなの学校」を見てきました   

f0124737_23271077.jpg
いやはや、衝撃でした。

2月11日、東大大学院のバリアフリー教育開発研究センター主催のシンポジウムにちょこっと参加し、映画「みんなの教室」を見てきました。



続きはここに
[PR]

# by tawashisroom | 2018-02-11 23:36 | 教育

"It doesn't take talent to practice."──2018年、始まりました   

f0124737_09042193.jpg
2018年が始まりました。

ここ数年のblog投稿状況を振り返ると、次のとおりです。

 平成29年…… 20
 平成28年…… 34
 平成27年…… 4
 平成26年…… 3
 平成25年…… 93
 平成24年……161
 平成23年…… 53

まあ、ここ数年はそこそこだなと思っていたのですが、先日、こんな言葉に出会いました。
 「練習するのに才能はいらない」
 原文は"It doesn't take talent to practice."です。
そうなんですね。妙にプライドや面子にこだわっていても仕方がないのです。元日の朝のように、畑が霜で真っ白でも、外に出てなんやかんやと汗を流して、そしてたまにはコタツに戻る、それでなくては、人生おもしろくありません。

f0124737_09041152.jpg

ということで、今年もさまざまなことに挑戦しながら、ときどき休みつつ、毎日を過ごしていこうと思います。どうかよろしくお願いします。

[PR]

# by tawashisroom | 2018-01-03 09:14 | その他

教室はステージ、授業は公演──神奈川大学英語教育研究大会に参加して(その2)   

f0124737_16530994.jpg
Photo by Jade Masri on Unsplash

三方千両得──神奈川大学英語教育研究大会に参加して(その1)」の続きです。小学校外国語活動の発表には圧倒されました。授業づくりのいろいろなヒントを発見した実践報告でした。

まず、テンポの良さです。子どもとのやり取りや教師側の説明(TTではT1、T2のどちらも)がメリハリを付けて進んでいきます。教師や児童が授業の流れをよくつかんでいることが、見ているこちらにも伝わってきました。だから、安心して授業に臨むことができます。


続きはここに
[PR]

# by tawashisroom | 2017-12-31 17:21 | 英語教育