Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



6月「達人セミナー」に参加して

June 6, 1999
今年の初めにある会で実践例を報告したところ,その会に参加なさっていた方から「達人セミナー」に参加してワークショップを開こうと誘われ,ホイホイと参加してきました。

自分の発表の出来は,まああんなものでしょう。(発表の内容は「英語の授業は Hop, Step, Jump! 」という題名でそのうち載せます)

久しぶりに英語の授業についていろいろと考えされられた一日でした。さまざまな取り組みがわかったし,谷口先生をはじめとするスタッフのみなさんの温かな雰囲気など,心休まることばかりです。

また,長先生が,最後のあいさつの中で「このごろの研究授業は教科書から離れ,活動の最後の発表を取り上げたものが多い。もっと教科書を表に出そう」(かなり表現は違いましたが)ということを強調していらっしゃったのが,心に残りました。

年齢にこだわるわけではないのですが,発表者の半分以上は私よりもお若く,自分があの年代だった頃のことを思い出すと,恥ずかしくて3度の食事が5度になってしまいます(?) 冗談はさておき,とても刺激になった一日でした。英語教育についても,もう一度本腰を入れて取り組もうかなと思いました。
[PR]
# by tawashisroom | 2001-01-01 04:54 | 英語教育

1999年度は「実践」ではなく「立案」かな

Apr. 8, 1999
1999年度は,英語の授業の「実践」ではなく,「立案」にとどまりそうです。なぜかといえば,私が異動となり,中学校の現場を離れ,行政の一員になってしまったからです。

いろいろ考えましたが,やっぱり,私は英語の教師です。行政の仕事も一生懸命にやりますが,同時に(なんてうまくいくのかどうか不安ですが……)その仕事に取り組むことによって視野が広がると思いますので,その新しい観点から,さまざまな英語の授業を考え,組み立てていきたいと思います。

具体的には,今,地元の中3が使っている New Crown の教科書を用いて,これまで2年間と同じように,2~6週間程度の学習単元を設計していきたいと考えています。もちろん,自宅で,深夜,アイディアを練ることになりますので,かなりのスローペースで進んでいくとは思いますが,それはそれで,仕方のないことでしょう。

さて,最初は「話す活動」です。教科書を眺めながら,じっくり考えていきます。どんな活動になるでしょうか。
[PR]
# by tawashisroom | 2001-01-01 03:27 | 英語教育

著作権って取り扱いが難しい

Dec. 14, 1998 
とても勉強になりました。三省堂のみなさん,ありがとうございました。

Return of Play & Guessのところで,本文からskitのひな形をどう作るか説明しようと思い,教科書の本文をまるまる1パート分引用しようと思いました。そのとき頭に浮かんだのは「著作権はどうかな?」 不安を少し残したまま,その場の引用は見合わせ,翌朝,三省堂の営業の方に問い合わせのfaxを送りました。

その日の夜,三省堂の別の(著作権問題に詳しい)方から電話があり,「インターネット上で教科書の引用を公開することは,現時点では検討中なので,とても難しい」ということでした。インターネットと書籍・リーフレットなどでは,その公開性・引用性が大幅に異なり,同一視は難しいかなというお話でした。ほかにも興味深いことをいろいろと教えていただきました。著作権って難しいですね。ふ~う。
[PR]
# by tawashisroom | 2001-01-01 02:52 | 英語教育

danganは利きます

Nov. 16, 1998 
下でも書きましたが,横浜国大附属鎌倉中学校で実践されたdangan worksheetは基本文(応答形式で)を40~50載せたシートを使い2~3分でどのくらいペアで読めるか毎時間記録する活動です。

今日は,我が校バージョンを Quick, Quick, Quick と名づけ,Return of Play & Guessのホップで実施してみました。位置づけは下の通りです。
dangan→(言語材料理解・会話の基本パターン習得)→スキット作り・上演

いやはや,とても活発に生徒は活動していました。附属の先生方に感謝,感謝,感謝です。

付記(Dec., 2000)
附属鎌倉中の先生方にdanganの出典をお聞きしたところ「さあ,地元でよくやっていたものだから……」とのことでしたので,上記のような表現にいたしましたが,その後,川崎市の先生から,danganの創始者は埼玉県の川村光一先生というお話をお聞きしました。
[PR]
# by tawashisroom | 2001-01-01 02:14 | 英語教育

まねばっかりの授業設計

1998/11/2

下にも書きましたが,10月30日の横浜国大附属鎌倉中学校の研究発表大会は,私にとってとても得るところが多いものでした。特に,chat timeの実施とそのネタ定着のためのdangan worksheetは「よし,やってみよう」という気を起こさせる実践です。danganは,基本文(応答形式で)を40~50載せたシートを使い2~3分でどのくらいペアで読めるか毎時間記録する活動です。単純ながら,30日の平野先生の授業のようにスピーディに実施すれば,効果はかなり挙がりそうです。

今,That's the Storyを進めていますが,その後スキット作成・上演をねらう Return of Play & Guessを考えています。それと同時に,筑波大附属中学校の肥沼先生の実践「カルタ大会」を冬休みを挟んでやろうかなと計画していました。また,1月からはchat timeに挑戦してみようかと思っています。

danganがどの活動にも生かせそうなのです。
dangan→(言語材料理解・会話の基本パターン習得)→スキット作り・上演
dangan→(重要文の暗記)→カルタ大会
dangan→(会話の基本パターン習得)→chat time ※これは30日の公開授業そのままです

真似ばっかりの授業設計ですが,でも,見通しがつきました。そうなると That's the Story のほうもがんばらねばと思ってきました。

付記(Dec., 2000)
附属鎌倉中の先生方にdanganの出典をお聞きしたところ「さあ,地元でよくやっていたものだから……」とのことでしたので,上記のような表現にいたしましたが,その後,川崎市の先生から,danganの創始者は埼玉県の川村光一先生というお話をお聞きしました。
[PR]
# by tawashisroom | 2001-01-01 01:00 | 英語教育

やる気の湧いてくる研究発表でした

1998/10/30

10月30日に横浜国大附属鎌倉中の研究発表大会に参加しました。全体研究主題は「21世紀をたくましく生きる生徒の実践-横断的・総合的学習の開発と実践」でした。

英語科のテーマが「『話すこと』『聞くこと』に重点を置いたコミュニケーション能力の育成」で,公開授業が1つありました。ショックでした。Chat Timeというのがあり,2年生が(ぎこちない生徒もいましたが)一生懸命に英語で話しているのです。附属の先生方,やったねと感動しました。

実は,3年前まで私もそこのメンバーでした。そのときの私の授業を完全に上回っていたのが昨日の授業です。私の当時のクラスでは,なかなかそこまで出来ませんでした。「無理かな」と思っていました。しかし,知らず知らずのうちに生徒を枠にはめていたのかも知れません。

ということで,とてもやる気のかき立てられた授業でした。よし,いっちょう,今勤めている学校でもやってみようかという気にさせる研究発表でした。どんな準備をすればいいか,さまざまなことも分かりました。来年の3月くらいには,その結果が出ていればいいなと思っています。
[PR]
# by tawashisroom | 2001-01-01 00:01 | 英語教育


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル