Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



<   2013年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


No.57 「聞く、考える、対話する、気づく」研修へ #校内打合せのヒント

f0124737_2293477.jpg

気が付かれた方もいらっしゃるかと思いますが、今回のメモの元になった中原淳氏が主催したセミナー参加記録が「「対話をうみだす“実践知”を、トップランナーから学ぶ」に参加して感じた7つのこと」です。あわせてご覧ください。これが意外におもしろいものでした。セミナー開始前の名刺交換にはびっくりしましたし、それがセミナー中に効果を表すというのにもまたびっくりしました。

メモはここに
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-31 00:08 | 仕事>「校内打合せのヒント」

今日のワンフレーズ 2(509)

f0124737_7284341.gif

7/30 2(509)
You end up isolated if you don't cultivate the capacity for solitude, the ability to be separate, to gather yourself.(Sherry Turtle, TED)
昔読んだ戯曲の中で出会ったセリフ "The brave must learn to be lonely." をちょっと思い出しました。Turtle さんが言いたいのは "Everyone must learn to be lonely."ですね。
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-30 00:59 | 英語>「今日のワンフレーズ」

Researching your teaching works a lot in teacher development.

f0124737_21357100.jpg

ヴァレ先生のお話から考えたことのメモ二つ目です。さまざまにご配慮くださいました田中教授に深く感謝しております。

teacher development はフィンランドでも重視されていますが、具体的な方法の一つとして research your teaching をヴァレ先生は挙げていらっしゃいました。

そこで、私は思いました、「自分は research my teaching として、なにかやっただろうか。」 すぐにアクション・リサーチが頭に浮かびましたが、授業をしていた頃にはアクション・リサーチはほとんど知りませんでした。勉強不足です。

では、何だったのでしょうか。

続きはここに
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-29 01:00 | 英語教育

Heaven can wait and teachers should wait.

f0124737_2031076.jpg
7月28日は早稲田大学におじゃまして、フィンランドから来日されたばかりのメルヴィ・ヴァレ先生のお話を聞く機会がありました。さまざまにご配慮くださいました田中教授に深く感謝しております。

さて、ヴァレ先生のお話からはいろいろなことを学ぶことができました。その一つが次の指摘です。
Do I allow the child to find the right word?
Do I refrain from interrupting or assuming I know what will be said?
まさに、「先生は、授業で待てますか」と問いかけています。

ここからは私の経験と私見になりますが、英語の授業で待つことは私は苦手でした。

続きはここに
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-29 00:42 | 英語教育

今日のワンフレーズ 1(508)

f0124737_7284341.gif

7/28 1(508)
Human relationships are rich and they're messy and they're demanding. (Sherry Turtle, TED)

そうなんですよね。人間関係ってドロドロしているし、めんどくさいし。でも、やっぱり捨てがたいし、いろいろな発見があるものです。
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-28 00:21 | 英語>「今日のワンフレーズ」

No.56 「中身」を交えてはじめて勝負ができる #校内打合せのヒント

f0124737_15204489.jpg

形や方法ばかりにこだわって、中身を見失ってしまうということは結構あります。斎藤喜博も
「ある学校で「主体学習」と行っている授業を見たことがあるが,そこでは教師は,教室の横に腰かけていて,一時間経っても,二言か三言ものをいっただけだった。子どもたちはまことに活発に発言していた。しかし,発言にに一つの形式があるらしく,必ずはじめに,「つけくわえて」とか「なぜかといえば」とか「まとめてみると」という言葉を使っていた。発言の終わりには,「……に気がつきました」とか,「……がわかりました」などといっていた。子どもたちの発言している内容は,常識的なわかりきったことであり,わかりきった常識的なことを形式的にいっているだけだった。発言は活発だが,内容など少しもなく,授業の発展も授業での思考の発展も少しもないものだった。教師はそういう子どもの学習の見物人であり,ときたまの進行係であるにすぎなかった。」(斎藤喜博全集9)
と書いていて、読んでいた自分は恥ずかしくなりました。

メモはここに
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-27 15:25 | 仕事>「校内打合せのヒント」

Winパソコン、ご機嫌斜めかな

f0124737_229771.jpg
現在、私のパソコンはWindowsXPモノとMacminiの2台構成です。贅沢というよりも、「Mac mini 購入してしまいました」で書いたとおり、Macminiは仕事で使う動画の編集用だったのですが、当初の目的は果たせていません。

まあ、スリープモードからの復帰がMacminiはとても速いので、
 動画編集やMS-Offiice文書編集、スキャンスナップなどはXPパソコン
 インターネットや簡単なメモ、iPhoneなどはMacmini
といった分担でやっていました。

ところが、土曜日の午後、暑い部屋の中でクーラーも付けずに動画編集をしていたところ、1時間半くらいで、XPパソコンが突然ブルースクリーンエラーになってしまいました。あわてて再起動して、cpuの温度表示ソフトを起動すると、70度くらいを示してすぐにブルースクリーン。

More
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-22 22:14 | iPad iPhone Mac mini

No.55 生き生きとした感情を取り戻す試み #校内打合せのヒント

f0124737_21103684.jpg

メンタルヘルスって生徒も教師もどちらも大切ですよね。「感情労働」という言葉を初めて知って作ったメモです。

メモはここに
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-22 21:12 | 仕事>「校内打合せのヒント」

「対話をうみだす“実践知”を、トップランナーから学ぶ」に参加して感じた7つのこと

f0124737_2033841.jpg
7月6日(土)に東京大学を会場に開催されたこのイベントに参加して気が付いたことを、忘れないうちにメモにまとめました。大事な「対話」については特に触れていませんが、まあ自分自身の限界かなと感じています。

φ(..) 1
会場に入場するとスクリーンに「このイベントではお近くの方とディスカッションがあります! 前後左右お近くの方と名刺交換・自己紹介をお願いします」と表示されていました。私もさっそくまわりの方と名刺を交換しながら自己紹介をし、数名の参加者と話しました。次のようなメリットがあると感じました。

続きはここに
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-17 20:04 | 仕事の進め方

No.54 たった一箇所でも自分の良さを見つけること #校内打合せのヒント

f0124737_16471727.jpg

引用元の「エンピツ画のすすめ」はもう数十年前に買った本です。ときどき読み返して、そして、風間さんの作品を見て「いいな」と思っています。

メモはここに
[PR]
by tawashisroom | 2013-07-16 00:43 | 仕事>「校内打合せのヒント」


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル