Welcome to Tawashi's Room 雑記帳


<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧



今日のワンフレーズ 22(452)

22(452)
f0124737_6392030.gif

Why don't you come on down here and we'll figure this out like a couple of men, huh? (Die Hard 3)
like a couple of men が、決闘のイメージです。こう言うんですね。
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-27 19:59 | 英語>「今日のワンフレーズ」


定着のためのコミュニケーション活動再考

f0124737_1903919.jpg

よく読んでいる Kyle's Kingdom の6/17/2012の記事に「どうせ定着なんかしない」というものがありました。

おおむね賛成することばかりなのですが、一つ気になったことがあります。

be動詞にせよ、過去形にせよ、ある授業で学習したから身につく、というものではありません。なかなか身につかないから、ありがたいことに我々英語教師のしごとがある、わけです。みんなそんなに簡単にすぐ身につくなら我々が失業しちゃうでしょ。

だから、新出事項Aを導入したその時間に、事項Aを使ったコミュニケーション活動をする必要はありません。導入したばっかりのあいまいな事項をターゲットにした information gap などしてもうまくいかないことが多いでしょう。まだ慣れていないのですから当たり前です。

そうではなくて、事項Aを導入した時間は、その事項Aに関しては基本文の機械的トレーニングにとどめておき、もっと高級なコミュニケーション活動は、すでに十分過去に練習してある既習事項B(とC、とDとなど、複数あってもいいですよね)を含むものにするほうがいいのではないでしょうか。そうすれば、そういう既習事項はある程度機械的練習はこなしてきているとすると、より自由度の高い活動をやっても「身になる」度合いが高くなるでしょう。

第1段落は、そのとおりです。さすが、Kyle's Dad さんです。

ただ、第2段落と第3段落の話は、欠点が二つあります。

一つは、授業の最後のコミュニケーション活動は、コミュニケーション習熟というねらいよりはむしろ言語材料の習得に重点を置いているという現在の状況と、うまく整合性がとれていない気がします。(現在、授業をもっていないし、年間140時間制の状況を十分把握していないので、「とれていない」と断言できないのがつらいところです)

二つ目は、「今日は○○をやって、少しわかった」という成就感が生徒に生まれにくいということです。

詳しくはこちらへ
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-24 19:36 | 英語教育


今日のワンフレーズ 21(451)

21(451)
f0124737_6392030.gif

Hey. Just skip down to the part where you tell me what the fuck this has to do with me. (Die Hard 3)
ちょっと汚い表現も交じっていますが、skip down to みたいなところは「さっさと言ってくれ」のようで、面白いなと感じます。
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-21 06:39 | 英語>「今日のワンフレーズ」


#7 ホワイトボード・ミーティングで会議を効率的・効果的に (校内打合せのヒント)

f0124737_18232934.jpg

「わかりやすい会議を」「会議の効率化を」という働きかけは大切ですが、言葉だけではうまくいきません。具体的なモノや仕組みがないとだめだなと実感しています。

ホワイトボードは結構便利なものですね。ぜひ、あちこちに用意できればと思います。数人の会議では、自作のホワイトボードを使ったこともありました。A4のハードケース2個をセロテープでくっつけ、なかに白い紙を入れただけでそこそこ使えます。百円ショップで材料を買ったので、200円でできました。

メモはここに
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-17 00:23 | 仕事>「校内打合せのヒント」


今日のワンフレーズ 20(450)

6/16 20(450)
f0124737_6392030.gif

He just said it had to be you./ It's nice to be needed. (Die Hard 3)
こんなふうに be 動詞が使えるとおしゃれですね。
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-16 18:20 | 英語>「今日のワンフレーズ」


今日のワンフレーズ 19(449)

6/15  19(449)
f0124737_6392030.gif

Noncompliance will result in a penalty./ What penalty?/ Another big bang in a very public place. (Die Hard 3)
result in とは受験勉強以来の再会でした。
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-15 07:36 | 英語>「今日のワンフレーズ」


今日のワンフレーズ 18(448)

6/13 18(448)
f0124737_6392030.gif

If you just go on with your coffee and dessert, Richard, do you mind stepping aside and let's talk. (逃亡者)
go on with と step aside がうまいですね。
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-13 06:44 | 英語>「今日のワンフレーズ」


#6 数学の問題づくりを通した言語活動の充実 (校内打合せのヒント)

f0124737_16334222.jpg

言語活動の充実は小・中の授業では大きなテーマの一つです。ここでは算数の問題づくりの例をみてコメントしてみましたが、振り返ってみると、「仕事で勝負!」シリーズよりも「授業で勝負!」シリーズのほうがふさわしいメモになってしまいました。自分でも笑ってしまいます。

ただ、校内研を充実させることにも「言語活動の充実」は十分役立ちます。特に、わかりやすい表現とか、筋の通った論述などは社会に出ても必要なんだなと実感しています。

メモはここに
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-10 16:35 | 仕事>「校内打合せのヒント」


今日のワンフレーズ 17(447)

6/9 17(447)
f0124737_6392030.gif

He's going down. You can help us by staying out./ Arrest us. (逃亡者)
ホテルに入るのを止めようとする相手に対して、Arrest us. はかっこいいですね。
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-09 07:32 | 英語>「今日のワンフレーズ」


今日のワンフレーズ 16(446)

6/7 16(446)
f0124737_6392030.gif

Go find him./ I'm on it. (逃亡者)
on it がうまい表現ですね。くっついちゃっているイメージが浮かんできます。「この仕事をやれ」「すぐやります」なんてときに使えそうです。
[PR]
by tawashisroom | 2012-06-07 22:06 | 英語>「今日のワンフレーズ」

    

英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
by tawashisroom
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル