Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


一月下旬のtwitter

f0124737_2250843.jpg

もう一月も終わりです。どんな2月が待っているのでしょうか。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

投稿はここからご覧になれます
[PR]
by tawashisroom | 2010-01-31 22:51 | その他

「わ・か・な」で不安・不満・負担を 減らそう

f0124737_21122418.jpg

全国小学校英語活動実践研究大会岐阜大会に行ってきました。1日しか参加できなかったのですが、とても収穫の多い大会でした。

その中で、最も印象に残っているのが直山教科調査官のお話に出てきた次のことです。(私のメモをもとにしていますので、もしかすると直山先生の本意からは外れたことかもしれませんので、あしからず)
小学校外国語活動について、小学校の先生方の中には不安と不満がある場合、それを解消するには,次の三つが大切だ。
・理念
・イメージ
・慣れ

これは、小学校外国語活動の指導だけではなく、たとえば中学校の関心・意欲・態度の評価だとか、高校の「英語による指導」だとか、いろいろな場面に当てはまるなと思います。

それから、不安、不満というように「ふ」が並んだので、ほかに指導者の課題と言えばと考えると、「負担」という言葉が浮かびました。確かに、不安と不満が解消されれば、準備で迷うこともなく、的外れの準備をすることも減ります。だから、上記の三点は、不安・不満・負担の軽減につながるでしょう。これで「ふ」が三つ並びます。

ということで、手元のメモをもとに考えたのは、こんな言葉です。
指導者の不安・不満・負担を減らすには、
・理念が「わ」かる
・イメージが「つ」かめる
・英語や活動に「な」れる
の「わ・つ・な」が大切だ

でも、「わつな」では何のことだか分かりません。そこで、万葉集の「君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ」を思い出しながら、次のようにしました。
指導者の不安・不満・負担を減らすには、
・理念が「わ」かる
・イメージが「か」ける
・英語や活動に「な」れる
の「わ・か・な」が大切だ

さて、この言葉をどんな場面で使いましょうか。そして、どんな場面で自分に役立てましょうか。
[PR]
by tawashisroom | 2010-01-31 21:15 | 英語教育

1月中旬のtwitter

f0124737_17195429.jpg


1月中旬のtwitterです。140字で何を書こうか、1日1回の頭の体操かな。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここから読めます
[PR]
by tawashisroom | 2010-01-21 17:47 | その他

即興で話すことってそんなに難しいかな

f0124737_011749.jpg

英語の先生方と、授業中の「話す活動」について話す機会がありました。どんなふうな活動が授業でできるのか、そのためにはどんな準備が必要なのかなど、さまざまな点が俎上に載せられたのですが、一点気になったことがありました。それは、話の中で出た「準備して話す活動を積み重ねていって、即興で話すことにつなげる」という意見です。

中学校の英語の授業では、「話すこと」を「原稿を書くなどの準備をして話す活動( prepared speech )」と「その場で即興で話す活動( impromptu speech )」に分けて考えることは大切です。この二つはそれぞれ活動の準備が異なり、それぞれにふさわしい授業設計を行うことが必要だからです。

実は、私自身も「まず、 prepared speech をしっかりやって、それから impromptu speech に移ろう」と思っていた時期もありました。教師になってから相当長い期間、そう思っていました。

でも、そう思いながら授業を進めていると、なかなか impromptu speech の活動に手が着かないんです。その理由は三つあります。

まず、prepared speech の活動に時間が掛かってしまうからです。生徒がスピーチ原稿を書いて、こちらがチェックして、生徒が原稿を覚えて発表する。かなりの時間が掛かります。終えたときには、生徒も教師もぐったりしてしまいます。そして、年間指導計画の中で「話すこと」に割り当てられた授業時数が尽きてしまいそうになります。Impromptu speech をやるには時間が足りません。

次に、prepared speech のあとに impromptu speech をやろうとすると、 同程度の内容の speech を求めてしまいがちです。それはそうですよね。同じ speech 活動だと生徒も教師も思っているですから、「おおむね満足」とするスピーチ内容も同じような水準を頭に浮かべるのが自然なことです。ただ、日本語でもそうですが、原稿を作って話すのと、その場で話すのでは、前者の方が内容が盛りだくさんになることがほとんどです。英語でも同様でしょう。

最後に、これは自分の指導が下手だったからだと思うのですが、 prepared speech で苦労した生徒が多く、次の impromptu speech に取り組む意欲が残っていないのです。「原稿を書いたスピーチであれだけ苦労した上に、さらに、今度は原稿なしのスピーチ? はぁ。」というぼやきが聞こえてきそうです。

ただ、 impromptu speech の実践 “Our Chat Will Go On”をやって思ったことは、それまでとは逆でした。

まず、prepared speech の経験を重ねなくても、 impromptu speech は実践できるということです。もちろん、 prepared speech の経験が生きるところもありますが、むしろ、 impromptu speech を念頭に置いた練習のほうが重要でした。

そして、中学校の授業で取り扱う限りでは、impromptu speech で生徒が話す内容は、prepared speech ほど充実していなくてもかまいません。「おおむね満足」として設定するレベルは、impromptu speech のほうが prepared speech よりも低くなります。同レベルまで引き上げるためには、とてつもない授業時数が必要になり、年間指導計画が破綻してしまいます。105時間(平成24年度からは140時間ですが)の中でやるためには、その中で可能な目標を設定するしかありませんし、それが真っ当な道なのです。

また、もしかすると最大の障害は「 impromptu speech は難しい」という教師側の思い込みかもしれません。難しいから手を付けない。また、どうせやるのならある程度の高さをめざしてしまう。昔の自分もそうでした。だから、 impromptu speech を単元の中心に据えることはほとんどなかったのです。

今、思っていることは「1年間で prepared speech の単元を2回計画しているのだったら、1回に減らして、もう1回は impromptu speech の単元にした方がいい」ということです。では、具体的にどうすればいいのか。ある程度は“Our Chat Will Go On”で触れたつもりですが、まだまだ言葉足らずのところがあります。いつか、じっくり考えてみたいと思います。
[PR]
by tawashisroom | 2010-01-14 00:03 | 英語教育

今年初めのtwitter

f0124737_7502128.jpg

今年も twitter は続いています。これまでは「放送型」の記述が中心でしたが、ところどころに「問い掛け型」も交えていこうかと思います。

でも、このままでも結構頭の中が整理されていくなということは実感できますので、まあ焦らずに、ノンビリと。

++++++++++++++++++++++++++++++

具体的なつぶやきはここに
[PR]
by tawashisroom | 2010-01-10 07:53 | その他

「見せること」は「話すこと」を邪魔するか

f0124737_18351084.jpg

先日、テレビを見ながら朝ご飯を食べていたのですが、何の気なしに音量を0にしてみました。びっくりしました。画面を見ているだけでニュースの内容がほとんど分かるのです。テロップというのでしょうか、映像の中にキーワードが文字で示されているので、見るだけで概要がつかめます。少なくとも、つかめた気になります。おかげで、朝ご飯も早く食べ終わり、バスに余裕で間に合いました。

ただ、これが講義とか発表の場面だったらどうなのでしょうか。聞き手に配付されるプレゼンテーション資料には詳しい内容が載っていることは一つの方法かと思います。ただ、それをMicrosoft PowerPointなどのスライドとして、その場で見せることは、本当に必要なのでしょうか。

自分自身、詳しい内容をスライドにして、それをプロジェクタで見せながら話すと言うことを何度もしてきました。「話すこと」と「見せること」の相乗効果をねらったのです。話した言葉を文字にして見せることで聞き手の心に強く残るだろうと思っていたのです。

本当にそうでしょうか。

聞き手はスクリーンの文字を読むことに精一杯ということがあったかもしれません。「集中して話を聞かなくても、スライドを見ればいいや」と思ったことがあったかもしれません。つまり、「見ること」が「聞くこと」を邪魔しているのです。もしそんなことが起こるのならば、それは大きな間違いです。

そんなことを考えていたとき、「プレゼンテーションzen」(ガー・レイノルズ ピアソン・エデュケーション 2009)という本を読みました。とても収穫の多い本だったのですが、その中に「メッセージが聴衆の心に残るようにしよう」「プレゼンテーションの目的は情報を提供することだけではない」という言葉がありました。目からうろこが落ちる思いがしました。

自分がこれまでに行ったプレゼンテーションは情報の伝達だけに終わっていたことが多かった気がします。もちろん「これを言いたい!」というメッセージはあったのですが、情報の山に埋もれてしまい、目立たなかったのです。

どうすればメッセージが目立つのでしょうか。どうすれば情報がしっかりと伝わるのでしょうか。

今、こう考えています。スライドには「メッセージ」を中心に示し、情報はほとんど載せません。そのかわり、スクリーンに映したメッセージについての情報を口頭で話すのです。こうすることで、こちらが伝えたいことを聞き手は見て、「いったい、どんなことなのだろうか」と疑問に思います。その疑問を解消するのがこちらの話なので、自然にしっかり聞くようになります。

少々、虫のいい話なのですが、とりあえず、手持ちのプレゼンテーション資料を作り直してみましょう。

ここまで書いていたら、大村はまさんの次の言葉が浮かんできました。
よく聞いていても,一ぺんでということは,なかなかむずかしいこと。こういうことはプリントがいいと思うことは,プリントに書いて渡すようにします。そうではない話,これは聞かせようと思う話は聞かせるわけですが,聞かせたことはプリントに刷りませんし,刷ったことは言わない。そういうふうにしています。(中略)こんどの学習のてびきは,話し言葉でやると言いましたら,その話したことはもう書きません。書いて渡したら,話さないようにします。15日に出すと書いてあるのを,15日には出しますなんて,そんなつまらないことを言う必要がちっともないと思って,それは言わないのです。そういうふうにして,ぐっと締まるようにして,学習の指示を続けております。( pp.10~11 「大村はま国語教室2 聞くこと・話すことの実際の指導」大村はま著 筑摩書房 1983 )

これを読んだとき、自分もまねしてみたことを思い出します。こちらの準備が大変で、いろいろ失敗もありましたが、授業は引き締まったことは事実です。

「話すこと」と「見せること」の役割分担は大切ですね。
[PR]
by tawashisroom | 2010-01-02 18:36 | 英語教育

新年です

f0124737_7405963.jpg

いよいよ新年です。外の寒さは厳しく,霜が降りていますけれど、畑の野菜も少しずつ生長しています。

今年はどんなことが起こるのでしょうか。どんなことを起こすのでしょうか。いくつか考えています。楽しみな一年です。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by tawashisroom | 2010-01-01 07:42 | その他


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル