Welcome to Tawashi's Room 雑記帳


<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧



横浜国立大学附属横浜中学校の研究発表に参加して

f0124737_5271690.jpg
土曜日、県内の横浜国立大学附属横浜中学校の研究発表大会に参加しました。英語の分科会には100人近くの人が集まり、教室に収まりきれないほどの大盛況でした。

いろいろと収穫はありましたが、まず、一つ挙げます。「重要文手作り付け加えスキット型暗唱台本作成・上演」とでもいいましょうか、やってみたい実践がありました。

具体的には、生徒二人が、ジェスチャーを混ぜて1~2分のスキットをするのですが、その台本には、その学年で習う重要な文のしくみが、授業で習った順に出てくるのです。一年生の授業だったので、be動詞の現在形→一般動詞→三単現→現在進行形→can→一般動詞過去形→不規則動詞の過去形という順番だったと思います。あらすじも、一部強引な運びのところもありましたが、筋は一応通っていました。

それをまた、生徒がいきいきとやるのです。ホォッと見とれてしまいました。数組発表したのですが、もちろん何も見ずに、楽しそうにやっていました。何でこんなふうにできるのでしょうか。

授業後の協議会の最初に、生徒から話を聞く場面がありました。そこで明らかになったのは、この台本、ある程度は先生がお作りになったのですが、あとは、新しい文のしくみを習うたびに、その事項を生かして新しいセリフを付け加えていったそうです。そして、生徒は練習して発表します。この取組には、私はまったく脱帽です。

この取組の優れているところとして、すぐに浮かんだのは次の三つです
1.新しく出てきた文のしくみを含んでいるので、英語学習を進める上で大切なところがきちんと押さえてある。
2.あらすじが通っているので、覚えやすい。
3.新しい内容が加わるたびに練習・発表を繰り返すので、生徒は継続的に取り組まざるを得ない。

この手法は、たとえば、Quick, Quick, Quick(や、そのオリジナルであるDangan Input)にすぐに応用できます。ウズウズしてきますね。

その他にも、「習得・活用・探求という考え方をどう英語の授業に生かせばいいのか」などと正面から考えさせられたという貴重な経験もできました。このことは、別の機会に自分の考えをまとめたいと思います。

収穫の多い半日でした。
[PR]
by tawashisroom | 2008-02-25 05:27


新学習指導要領案が発表されました

f0124737_2373116.jpg

昨日、文部科学省から新学習指導要領案が発表され、さっそく文科省のホームページ上で公開されました。公開されているのは、次の文書です。

〈改訂案本文〉
* 幼稚園教育要領案(PDF:267KB)
* 小学校学習指導要領案(PDF:745KB)
* 中学校学習指導要領案(PDF:649KB)
〈関係資料〉
* 学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領案、小学校学習指導要領案及び中学校学習指導要領案について(概要)(PDF:91KB)
* 学校教育法施行規則の一部を改正する省令案等(PDF:187KB)
* 幼稚園教育要領、小学校学習指導要領及び中学校学習指導要領の改訂案等のポイント(PDF:180KB)
* 言語活動に関する学習指導要領改訂案の記述例(抜粋)(PDF:174KB)
* 教育基本法の改正に対応した学習指導要領案の主な改訂点(PDF:128KB)
* 各教科等の改訂案のポイント(PDF:656KB)
* 関連資料(PDF:792KB)


パブリックコメントを行うためにこのように迅速な対応となったわけですが、これまでのことを考えると、情報社会の進展も悪くはないかなと思っています。

それでは、小学校の外国語活動と中学校の英語を中心に、読んでみるつもりです。

はたして、英語教育の道しるべとなっているのでしょうか。もしなっていれば、道しるべの内容をきちんととらえることが必要ですし、なっていなければ明らかに示すような手だてを考えなくてはと(偉そうですが)思います。
[PR]
by tawashisroom | 2008-02-16 23:12 | 英語教育


一見変わらぬ授業でも、実は変わっている

f0124737_23511788.jpg

「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一 講談社現代新書)を読みました。そのなかで、
よく私たちはしばしば知人と久闊を叙するとき、「お変わりありませんね。」などと挨拶を交わすが、半年、あるいは一年ほど会わずにいれば、分子のレベルでは我々はすっかり入れ替わっていて、お変わりありまくりなのである。かつてあなたの一部であった原子や分子はもうすでにあなたの内部には存在しない。

自己複製するものとして定義された生命は、シェーンは今ーの発見にふたたび光を当てることによって次のように再定義されることになる。
生命とは動的平衡(ダイナミック・イクイリブリアム)にある流れである

という記述がありました。

「十年一日のように同じ授業をしている」などと言います。たしかに、生徒のことを考えずに、自分のやり方を押しつけていることもあるかもしれません。でも、大多数の場合は、目の前にいる生徒のことを考え、準備できる時間のことを考え、精一杯のことをして結果的に同じような取組になっているのではないかなと思います。だから、
授業とは動的平衡にある流れである
といってもいいと思います。
[PR]
by tawashisroom | 2008-02-09 00:27 | 英語教育

    

英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
by tawashisroom
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル