Welcome to Tawashi's Room 雑記帳


<   2001年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧



年間140時間から105時間へ

Nov. 13, 2000
本日,ある研究会へ参加し,いろいろなことを考えました。

その1
川崎市の先生の実践発表を聞いて,とても勉強になりました。さまざまな視点からよく授業設計が考えられていて,自分自身の参考になるところが数多くありました。また,総合教育センターと現場の先生方の連携がよく取れていて,よし,私も頑張らなくてはと強く感じました。

その2
105時間について分科会でも,講演会でも考えさせられました。

昼食の時間でも体育館でイスに座り,お弁当を食べていると,後ろの方から「必修では基礎・基本だけやってればいいのよね」などという言葉も聞こえてきます。

分科会では「週4では3で基礎・基本を,1でコミュニカティブな活動をするという方法をやってみると大きな効果があがった。週3では基礎・基本を2,コミュニカティブ1でどうか」という意見もありました。また,講演会では「Y字路のように,こちらへ行くと基礎・基本,そちらへ行くとコミュニカティブなどというお話もありますが,実際には一本道で,基礎・基本をやりながらコミュニカティブなこともしていくのです。」というご示唆をいただきました。

あれこれ考えてみて,やっぱり教科書をうまく料理していくのが一番かなと感じています。準備する時間が無限にあれば教科書を離れた活動を大胆に組み込むのも可能かと思いますが,実際には忙しい日々が続きます。そんなとき,頼りになるのが教科書です。必要な語彙・文のしくみも整頓(?)されて提示してあり,話題も多彩なものが用意されています。ただ,コミュニカティブな活動に乏しいのが欠点ですが,その場その場の生徒の実状にあった活動を用意するのが教師です。

そして,年間105時間でますます重要になるのが,そのコミュニカティブな活動と教科書をうまく結びつけることです。140時間あればこの2つが離れていても何とかなるかもしれませんが,105では連携が欠かせません。どのように教科書をもとにスピーチ・チャット・劇・日記などを実施するのか,教師の腕の見せ所です。ALTとのT・Tも投げ込み教材は徐々に減り,教科書との結びつきを意識した実践を増やさなければいけません。

さあ,どんなことができるのでしょうか。とても大変ですが,とても楽しみです。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 08:57 | 英語


「達人セミナー」 is driving me crazy...

January 23, 2000
1月23日の茅ヶ崎「達人セミナー」に午前中だけ参加してきました。さまざまな収穫のあった半日でした。新年で呆けていた私ですが,やる気も出てきました。

まず,最初の茅ヶ崎市教委角田先生のお話にはさまざまなことを教えられました。やっぱり,人間が人間を教えるのですね。そこを勘違いしてしまうと,いろいろなテクニックが役に立ちません。また,いろいろなテクニックによって教師の魅力が,授業の魅力が高まるんだ,そんなことに今更ながら気がつきました。

また,角田先生と会場に数多く集まっていらっしゃった茅ヶ崎の先生方との温かな関係もすばらしいものでした。とてもうらやましく感じましたが,こればっかりは自分で作り上げて行くしかないですね。

次に,谷口先生の実践授業でした。先生の明朗さとユーモアがあふれている,心温まる授業でした。そして,次々に繰り出されるさまざまな実践例,圧倒されんばかりでした。

その実践例を自分の授業に取り入れるときには「真似して,崩して,作る」といいという言葉もありました。剣道の「守破離」の精神とも相通じるものがあります。

風邪気味なので,午後は家に帰って寝ていたのですが,寝ている最中でも「よし,自分ならどんな授業を進めていこうか」という気概が次々に湧いてきました。いやはや,「達人セミナー」は危険です。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 07:56 | 英語


インフォメーションギャップを埋める活動について

Nov. 12, 2000
インフォメーション・ギャップを埋める活動の必要性は,多くの方が述べているとおりです。インフォメーション・ギャップを埋める活動が実践的コミュニケーション能力の育成に役立つことは確実なのですが,実践するときには結構気をつけることがあるのです。

ぜひ,次の2点に注目してほしいと思います。
1 どうすれば,インフォメーション・ギャップを埋める活動の場面設定が生徒にとって納得できるものになるのか。
2 どうすれば,この活動が容易に実施できるのか。(活動の進め方)

まず,1点目について話します。わたしもいろいろとインフォメーション・ギャップを埋める活動をしてきましたが,どうも生徒のノリが良くないのです。授業のあと反省してみると,活動の場面設定が曖昧で,「よし,やってみようか!」という気に生徒がなかなかならないのです。

たとえば,What time does Tom ... ?を学習したあとで,Kenの一日の流れ(起床時間,食事時間,登校時間……)について2種類のシートを用意し,それぞれうまい具合に時刻を空欄にして,シートをペアごとに配布し,ペア・ワークで互いに質問することでKenの一日の流れをはっきりさせるという活動を実施するとしましょう。なんとか,インフォメーション・ギャップを埋める活動になっていますね。

これで生徒が活動にうまくノルかといえば,そうではないのですね。活動自体は順調に進むのですが,全員の生徒が活動を楽しんでいるとはいえない。互いの質問で教室内は騒がしくなり,一見すると活動が盛り上がっているように思えますが,実は違うんです。

それはなぜかというと,「なんで僕はこんな質問を相手にするのかな?」という疑問が生徒にあるからです。「英語の授業だから」とか「What time does he ...?とその答え方を身につけるため」などのことでは解決しません。コミュニケーションの目的にはなりませんものね。かといって「Kenの一日の予定を知るため」では不十分です。「なぜ,Kenの一日の予定を知らなくてはいけないの?」とか「なんでKenの朝食時間は知っているのに,登校時間は知らないの?」という疑問が次に湧いてくるからです。

このことをうまくカバーして,上手に場面設定をすることは,かなり大変です。例えば,Kenの親と先生が二者面談でKenの毎日の生活について話し,いつ頃家で勉強すればいいのかなどを考え出すなどの場面が例として挙げられるでしょうか。これでも結構苦しいですね。

だから,いつもいい場面ができるとは限らないのですが,5回やったら1~2回程度は上手な設定がほしいですね。特に「なぜ,この問答をするのか」というのは毎回生徒に示した方がいいと思います。

つづいて,その2についてです。活動の進め方ですね。

上のKenの例について読んでみると気がついたと思いますが,この活動は2種類以上のシートが必要になります。それをどのように作り,どのように生徒に配布するのか,このあたりにあまり時間がかかるようだと,活動のpracticabilityが失われます。テキパキとするにはどうすればいいのかということです。

いつもいつもこの2点を気をつけなくてはいけないのではないのですが,でもかなり気になることです。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 07:56 | 英語


新しい教育課程ね……

August 31, 1999
ますます新しい教育課程の勉強に追われ,ホームページの更新にもなかなか手が着きません。ただ,今日は地区の教育課程研がありまして,私は新しい学習指導要領の説明役でした(県の説明会の内容の報告・伝達役です)。また,「ちょっと一言」欄にも草野さんから総合的な学習の時間についてメッセージが寄せられました。そこで,今思っていることをメモします。(長い前書き……)

私が学校現場にいたら,一番厳しく思うのは「必修105時間か」ということです。これまではずっと140でやってきたので(それはそれでとても恵まれていたのでしょうが),そのペースで授業設計をしてきました。単元学習のまねごとも140あったからゆとりを持って取り組めたのかと思います。それが「必修105」+「選択(つまり希望生徒)35~70」になるとしたら,もう一度「必修で何ができるか」「選択で何ができるか」を考え直さなくてはいけません。

ただ,それほど,悲観はしていません。考え直すことによって,また別のことが見えてくるのかなと思うからです。

実践的コミュニケーション能力の育成については,その通りだと思いますし,また,これまでやってきた自分の取り組みがいくつか活用できそうなので,さほど抵抗はありません。むしろ,「これで大手を振ってバリバリできるな」と感じています。聞くことの言語活動に応答や確認(Pardon?)も入ったし,書くことには「聞いたり読んだりした内容をメモする」なども入ったし,言語活動のヒントはたくさんあります。

評価については「話すこと」に「声の大きさ」が入っていたりして,自分の考えとは違うことも多少あります。これについては,別項を起こすのかなと思います。

大変なことはたくさんありますが,でも,楽しいことがたくさん待っていそうで「未来は見えない,お楽しみ」かなと感じています。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 06:55 | 英語


総合的な学習ばっかりでもしょうがない

July 6, 1999
このところ,新しい教育課程の勉強に追われていて,肝心の英語授業についてあまり取り組んでいません。「う~む,これではどうしょうもないな」ということはさておいて,来年度より移行措置が始まる,新教育課程について今考えていることを書きます。それは,「総合的な学習ばっかりでもしょうがないな」ということです。

自分自身をふりかえっても,「新しい教育課程」と聞くと直ぐに「総合的な学習の時間」という言葉がでてきます。確かに,この言葉はインパクトがありますし,書店に行っても参考書籍は山のように出ています。自然に,「どんなことをやればいいのか」「どこから取り組めばいいのか」などと考えることが多くなります。

でも,よく考えれば「総合的な学習の時間」と各教科・領域等の時間はキャッチボールをやっているようなものです。教科などの時間に身につけたものを総合的な学習の時間で発揮し,その成果が教科などの時間にフィードバックされる,そんなイメージで今は新教育課程をとらえています。

だから,「総合的な学習の時間」と同じように「各教科・領域等の時間」にももっと着目しなくちゃいけないなと,このごろやっと気がつきました。そうすると「中学校の英語はひさしぶりに105か。どんなふうに教科書を扱って,どんな授業を組み立てていけばいいのかな」とか「外国語科担当指導主事として何ができるのか」など,さまざまな課題が浮かんできました。こっちも解決していかないと,何のための「総合的な学習の時間」なのか分からなくなってしまいます。

よし,自分にとって身近なところから始めよう,とこのごろ思っています。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 05:54 | 英語


6月「達人セミナー」に参加して

June 6, 1999
今年の初めにある会で実践例を報告したところ,その会に参加なさっていた方から「達人セミナー」に参加してワークショップを開こうと誘われ,ホイホイと参加してきました。

自分の発表の出来は,まああんなものでしょう。(発表の内容は「英語の授業は Hop, Step, Jump! 」という題名でそのうち載せます)

久しぶりに英語の授業についていろいろと考えされられた一日でした。さまざまな取り組みがわかったし,谷口先生をはじめとするスタッフのみなさんの温かな雰囲気など,心休まることばかりです。

また,長先生が,最後のあいさつの中で「このごろの研究授業は教科書から離れ,活動の最後の発表を取り上げたものが多い。もっと教科書を表に出そう」(かなり表現は違いましたが)ということを強調していらっしゃったのが,心に残りました。

年齢にこだわるわけではないのですが,発表者の半分以上は私よりもお若く,自分があの年代だった頃のことを思い出すと,恥ずかしくて3度の食事が5度になってしまいます(?) 冗談はさておき,とても刺激になった一日でした。英語教育についても,もう一度本腰を入れて取り組もうかなと思いました。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 04:54 | 英語


1999年度は「実践」ではなく「立案」かな

Apr. 8, 1999
1999年度は,英語の授業の「実践」ではなく,「立案」にとどまりそうです。なぜかといえば,私が異動となり,中学校の現場を離れ,行政の一員になってしまったからです。

いろいろ考えましたが,やっぱり,私は英語の教師です。行政の仕事も一生懸命にやりますが,同時に(なんてうまくいくのかどうか不安ですが……)その仕事に取り組むことによって視野が広がると思いますので,その新しい観点から,さまざまな英語の授業を考え,組み立てていきたいと思います。

具体的には,今,地元の中3が使っている New Crown の教科書を用いて,これまで2年間と同じように,2~6週間程度の学習単元を設計していきたいと考えています。もちろん,自宅で,深夜,アイディアを練ることになりますので,かなりのスローペースで進んでいくとは思いますが,それはそれで,仕方のないことでしょう。

さて,最初は「話す活動」です。教科書を眺めながら,じっくり考えていきます。どんな活動になるでしょうか。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 03:27 | 英語


著作権って取り扱いが難しい

Dec. 14, 1998 
とても勉強になりました。三省堂のみなさん,ありがとうございました。

Return of Play & Guessのところで,本文からskitのひな形をどう作るか説明しようと思い,教科書の本文をまるまる1パート分引用しようと思いました。そのとき頭に浮かんだのは「著作権はどうかな?」 不安を少し残したまま,その場の引用は見合わせ,翌朝,三省堂の営業の方に問い合わせのfaxを送りました。

その日の夜,三省堂の別の(著作権問題に詳しい)方から電話があり,「インターネット上で教科書の引用を公開することは,現時点では検討中なので,とても難しい」ということでした。インターネットと書籍・リーフレットなどでは,その公開性・引用性が大幅に異なり,同一視は難しいかなというお話でした。ほかにも興味深いことをいろいろと教えていただきました。著作権って難しいですね。ふ~う。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 02:52 | 英語


danganは利きます

Nov. 16, 1998 
下でも書きましたが,横浜国大附属鎌倉中学校で実践されたdangan worksheetは基本文(応答形式で)を40~50載せたシートを使い2~3分でどのくらいペアで読めるか毎時間記録する活動です。

今日は,我が校バージョンを Quick, Quick, Quick と名づけ,Return of Play & Guessのホップで実施してみました。位置づけは下の通りです。
dangan→(言語材料理解・会話の基本パターン習得)→スキット作り・上演

いやはや,とても活発に生徒は活動していました。附属の先生方に感謝,感謝,感謝です。

付記(Dec., 2000)
附属鎌倉中の先生方にdanganの出典をお聞きしたところ「さあ,地元でよくやっていたものだから……」とのことでしたので,上記のような表現にいたしましたが,その後,川崎市の先生から,danganの創始者は埼玉県の川村光一先生というお話をお聞きしました。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 02:14 | 英語


まねばっかりの授業設計

1998/11/2

下にも書きましたが,10月30日の横浜国大附属鎌倉中学校の研究発表大会は,私にとってとても得るところが多いものでした。特に,chat timeの実施とそのネタ定着のためのdangan worksheetは「よし,やってみよう」という気を起こさせる実践です。danganは,基本文(応答形式で)を40~50載せたシートを使い2~3分でどのくらいペアで読めるか毎時間記録する活動です。単純ながら,30日の平野先生の授業のようにスピーディに実施すれば,効果はかなり挙がりそうです。

今,That's the Storyを進めていますが,その後スキット作成・上演をねらう Return of Play & Guessを考えています。それと同時に,筑波大附属中学校の肥沼先生の実践「カルタ大会」を冬休みを挟んでやろうかなと計画していました。また,1月からはchat timeに挑戦してみようかと思っています。

danganがどの活動にも生かせそうなのです。
dangan→(言語材料理解・会話の基本パターン習得)→スキット作り・上演
dangan→(重要文の暗記)→カルタ大会
dangan→(会話の基本パターン習得)→chat time ※これは30日の公開授業そのままです

真似ばっかりの授業設計ですが,でも,見通しがつきました。そうなると That's the Story のほうもがんばらねばと思ってきました。

付記(Dec., 2000)
附属鎌倉中の先生方にdanganの出典をお聞きしたところ「さあ,地元でよくやっていたものだから……」とのことでしたので,上記のような表現にいたしましたが,その後,川崎市の先生から,danganの創始者は埼玉県の川村光一先生というお話をお聞きしました。
[PR]
by tawashisroom | 2001-01-01 01:00 | 英語

    

英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
by tawashisroom
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
人気ジャンル
ブログジャンル