Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



収穫、大です──日本教育アクション・リサーチ・ネットワーク第7回全国大会に参加して


(c) .foto project
11月4日(土)、久しぶりに何もない土曜日でしたので、千葉で行われた日本教育アクション・リサーチ・ネットワーク全国大会に参加しました。所用のため途中で抜けてしまいましたが、収穫は大です。

《小学校の外国語/外国語活動の取組について》
基調講演や分科会の実践報告の話題は「授業をどう作るか」だけではありませんでした。それ以外に、「小・中・高の接続をどう図るか」「発音指導をどうするか」「学校と市町村教委の連携をどのように強めるか」が取り上げられるなど多岐にわたっていて、自分の現状認識の狭さを痛感しました。

しかし、悔やんでいても仕方がないので、これから勤務校や勤務している地域で「小中の結び付きを強める方法」や「学校と市教委のつながり・情報共有を強める手立て」「中学校での自分の授業の工夫を小学校でどう応用するか」などをいろいろと考えました。せっかく千葉まで行ったので、明日への具体的な取組を考えつかないともったいないですから。

《研究会の運営などについて》
最初の開会の挨拶でのアイス・ブレイキングがとても印象に残りました。あの取組のおかげで会場の雰囲気が和やかになり、それからの講演や報告に対する態度が積極的で柔らかなものになったと感じました。さっそく、マネをします。

また、受付や案内は会場となった大学の学生たちが務めていたのですが、笑顔がとても爽やかでした。大したものです。

そして、忘れてはいけないのが、代表として長い間激務をこなしてきた佐野正之先生の姿勢でした。ユーモアを忘れず、ちょっとオシャレで、でも舌鋒の厳しさは相変わらずです。今回の全国大会を機に代表を退くとのことでしたが、挨拶の中でマッカーサーの有名なセリフ(もともとはイギリスの軍歌とか) "Old soldiers ...." を引用しながら、「これからは一兵卒として頑張ります」と話していました。とんでもない兵隊さんが生まれました。こちらも負けてはいられません。がんばらなくては。

[PR]
# by tawashisroom | 2017-11-05 12:00 | 英語教育

言葉を使わないコミュニケーションもとても豊か

f0124737_08404034.png
8月4日(金)、夏休みを取って11時から1時間半、非言語コミュニケーションの研修に参加しました。収穫は特大です。
商業的なイベントでしたので、研修内容の紹介は控え、感じたことだけを書きます。ただ、参加費以上のことは十分に学びました。

◆学んだことその1「コミュニケーションについて」
  • コミュニケーションは難しいし、それだけに「分かった」「通じた」という喜びは大きいことを再認識。
  • 言葉を使うコミュニケーションと同様に、言葉を使わないコミュニケーションもとても豊かである。
  • ジェスチャーと同様に、顔の表情も非言語コミュニケーションではとても大切。
◆学んだことその2「研修の進め方について」(→授業にも当てはまるかな)
  • ガイド役の人の笑顔はとても大切。
  • 最初にアイスブレークや簡単な活動を行い、参加者の心理的な壁を壊すこと。
  • ほとんどの活動がガイドと参加者間のやりとりであったが、最後の活動として参加者同士の非言語コミュニケーション活動を実施した。参加者は、それまでの活動で得たものを活用することで「参加してよかった」感が高まり、また、参加者同士のつながりもできた。
  • 活動後の振り返りを行うことで、周りの人の学んだことがわかり、自分の学びも深まる。
◆そのほかに学んだこと
  • 聴覚障害がハンディキャップとなる場合もあることは事実だが、聴覚障害者がつくるコミュニケーションの広さ・深さは、健常者のそれと同じくらい雄大である。(よく考えれば、あたり前のことですね)

[PR]
# by tawashisroom | 2017-08-05 08:46 | 英語教育

MacとWin機をflowで一緒に使う

財布の中身が減りましたが、Windows機とMacの併用が楽になりました。

なんやかんやで自宅にはWin機とMacがあり、それぞれのディスプレイがドカンと机の上に乗っています。2台のディスプレイが場所をとるので、キーボードとマウスはワイヤレスにして、接続用のトングをUSB切替器に差し、Win機とMacを切り替えていました。ただ、これがめんどくさいのです。特にWin機を使っていてMacを立ち上げようとすると、事前にUSBをMac側に切り替えておかないと、キーボードが認識しなかったり、ひどいときにはマウスまで認識しないので、何もできません。

先日、ロジクールからflowというおもしろそうなユーティリティ(と呼んでいいのだろうか)が発売されたとのニュースを読み、キーボードとマウスを購入しました。セットアップに時間がかかりましたが、現在は、次のような形で動いています。
f0124737_13103038.gif

マウスは自由自在にWin機とMacのそれぞれのディスプレイを行ったり来たりします。もちろん、Win機でクリックすればWindowsが反応し、MacでクリックすればMacOSが反応します。

キーボードは私の設定が下手なせいか、flowではうまくいきませんでした。その代わり、キーボードについている切替キーを押せば、瞬時に切り替わります。

Win機とMacを同時に立ち上げることは週に1~2回なのですが、ストレスはだいぶ減りました。いい買い物だといえるでしょう。



[PR]
# by tawashisroom | 2017-06-25 13:11 | iPad iPhone Mac mini

間違えてもバレない練習は?──小学校授業に登場(その2)

f0124737_17223313.gif
実際に6年生で授業をしようということになり、私の主な仕事は "Do you have ...?" の導入と練習です。導入は skit でやることにしましたので、練習をどうするかについていろいろ考えました。きちんと練習することは中学校でも小学校でも必要です。特に小学校の外国語活動では英語の力の個人差が大きいので、一斉練習でできていたからといって、一人ひとりがそれぞれOKと安心することはできません(これは実感です)。


具体的に考えたことはここに。
[PR]
# by tawashisroom | 2017-05-25 22:23 | 英語教育

小6の授業に顔を出しました(その1)

f0124737_17184722.gif

勤務先の小学校で、外国語活動の中心になっている先生が出張ということがありました。せっかくの機会なので、学級担任やALTの先生に加えて私も授業に登場しようと、準備に参加していろいろ考えました。

いろいろ考えたことはここにあります。
[PR]
# by tawashisroom | 2017-05-21 17:48 | 英語教育

追い抜かされてもいいんだ──100kmポタリング、へろへろに

f0124737_06162093.png
5月4日(木)、ちょうど体が空いたので、100kmポタリングに挑戦してみました。ただ、普通の道では坂がたくさんあるので、自分の体力がもちません。そこで、少し離れてはいますが、ある川に沿って設けられているサイクリングコースを片道+4/5くらい折り返しという計画を立てました。

当日は始発の電車で出発です。なぜか、こういうときはきちんと目が覚めます。だいたい予定通りに出発し、電車に乗って6時半前には目的地の近くの駅で降りました。そこからすぐにサイクリングロードへ、と思っていたのですが、まず、ここで道に迷いました。川は全体的には北西から南東に流れているのですが、このあたりでは西から東に流れていることを忘れていたのが原因です。結局、30分近くかかってロードへ出ました。

最初の折り返し地点まで16kmくらいです。少し疲れていました。そして、休み休み3時間が経ち、ようやく50km漕いでいました。やっと半分です。体には疲れがどっぷりとたまります。アップダウンの少ないコースを選んだのですが、「100kmなんてとんでもない距離だ」と思いながら、それでもなんとかペダルを踏みました。ゴールデウィークなので、サイクリングロードを走る自転車も多く、また、当然のごとく散歩道にもなっているので、散歩を楽しむ人もたくさんいます。

2回めの折り返しをすませ、全体の3/4を終えたところでようやく昼ごはん。連休なのでファミレスも大混雑です。そして、なんとか残りを走り、電車に乗って自宅に戻ると、見事108km! 6時間42分のポタリングとなりました。

満足感と疲労とともに強く感じたのは「抜かされてもいいんだ」ということです。サイクリングロードを折りたたみ自転車で走っていたのですが、あまりスピードは出ません。私の横を、ロードレーサーやクロスバイクが次々に抜いていきます。3分に1回抜かされたとしたら、130台以上に抜かされたことになります。

乗り始めた頃は「ちぇっ」という気持ちも湧いてきましたが、疲れてくるにつれて「どうぞお先に」という気持ちが勝ってきました。こちらの今日の目標は100kmポタリングです。走りきることが大切です。ふくらはぎは痛むし、アキレス腱も気になります。そんなときに抜かされようが、あまり気にはなりません。

今、自宅で湿布をあちこちに貼ってこれを書いていますが、「抜かされてもいいんだ」ということは強く心に残っています。

[PR]
# by tawashisroom | 2017-05-05 06:41 | 自転車

今日のワンフレーズ 1(543)

f0124737_5355421.gif
4/9 1(543)
It was a June day when I began my career as a national journalist. I stepped into the Detroit Bureau of The Wall Street Journal and started on what would be a long, varied, rewarding career.
--Walt Mossberg, The Verge http://flip.it/K0O.Gm
a June day という簡単明瞭な言い方もあるのですね。ジャーナリストらしい短い表現です。

[PR]
# by tawashisroom | 2017-04-09 05:40 | 英語>「今日のワンフレーズ」

今日のワンフレーズ 2(542)

f0124737_5355421.gif
3/19 2(542)
He could dial it, and when someone picked up and said, “Crowder residence,” he’d know how the name was pronounced.
ーーLawrence Block "Hit Man (Keller series)"
電話で「○○の家ですが」の英語版ですね。residence を使うとは知りませんでした。(知らないことばかりです)

[PR]
# by tawashisroom | 2017-03-19 06:42 | 英語>「今日のワンフレーズ」

マスクを掛けてもメガネが曇らない──ちょっとしたことでとても便利に

f0124737_12450660.jpgf0124737_12460025.jpg3月といってもまだ朝は冷え込みます。自転車に乗って部活動の応援に行くときには、花粉症の予防も兼ねてマスクを掛けるのですが、メガネが曇ってしまいました。スキー場でゴーグルが曇るのと同じで、走っているときにはなんとか大丈夫なのですが、信号などで止まった途端に曇った場所が広がってきて、ちょっと危険です。

そんなとき、こんなものを見つけました。上の写真のようにスポンジが山形になっているので、鼻の凹凸にひったりです。反対側の平面はマジックテープになっていて、2枚めの写真のようにマスクの上部にくっつきます。名前は「フィッティPLUS 何度もくっつくノーズパッド」といいます。2個入っていて1袋200円弱でした。

今朝、これを貼ったマスクを掛けて、街まで自転車で出かけてみました。メガネが曇りません! 自転車の運転がとても楽です。ささいな工夫だからこそ快適さが生まれることを痛感しました。3袋買ったので、まだ5つ残っています。寒い朝は今春はもうないかもしれませんが、この冬が楽しみです。

[PR]
# by tawashisroom | 2017-03-12 15:18 | 自転車

今日のワンフレーズ 1(541)

f0124737_5355421.gif
3/11 1(541)
... so it wasn’t too hard to keep track of what century you were in.
-Hit Man (Keller series)(Lawrence Block)
「昭和の匂い」のようなイメージでしょうか。
[PR]
# by tawashisroom | 2017-03-11 12:41 | 英語>「今日のワンフレーズ」


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル