2012年 01月 05日 ( 1 )   

17 #53 指導案の「児童の実態」は「使用前」、「目標」「評価」は「使用後」   

f0124737_17361924.jpg
指導案を書くことは大変です。書く時間がなかなか見つからないのもその理由の一つですが、何を書いたらいいのかわからないということも、嫌気がさしてくる原因になっています。

特に「生徒の実態」として何を書けばいいのかについては前々から思っていて、「本学級は明るい生徒が多く……」などという記述に出会うたびに、目標とどんな関係があるのだろうかとブツブツ思いながら、でも、自分でもどう書いていいのかわからず、不満がたまるだけでした。

そんなとき、この本でこの記述に出会って、悩んでいたことがストンと落ちた気がしました。某TV番組を思い起こさせるような表現ですが、これからはこれを使って指導案を書こうと思います。

メモはここに
[PR]

by tawashisroom | 2012-01-05 06:34 | 英語教育