Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



評価についての見直し

f0124737_21225566.jpg
観点別学習状況の評価について、いくつか、拙実践例の見直しを始めました。

拙実践例は、日付からわかるように、1997年の4月から1999年の3月までに行ったものがほとんどです。

その後、2002年2月28日に国立教育政策研究所から「評価規準の作成,評価方法の工夫改善のための参考資料-評価規準,評価方法等の研究開発」の小学校編・中学校編が報告されました。ここで示された4観点の評価規準が現在のスタンダードなものとなっているわけですが、それまでのわたしの考え方と多少異なっているところもありました。

この報告以降は、それに従って英語の授業というものを考えてはいるのですが、これまで多くの先生方と接して、この報告の内容が十分理解されていないと感じることも何回かありました。

自分の実践をホームページで公開しておりますが、やはり、上記の国研の考え方に沿って見直したほうが、誤解を生じることもないかと思いますので、いくつか手直しを始めてみようかと思います。
[PR]
by tawashisroom | 2007-08-27 23:18 | 英語教育
<< 語研の大会に行ってきました 仕事場が変わって >>


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル