仕事場が変わって   

f0124737_21252425.jpg
この4月に仕事場が変わり、先生方の研修のお手伝いをすることとなりました。今は7月の中旬ですので、もう3カ月半が経ってしまったわけですね。

Action Research という授業改善方法があります。横浜国立大学の佐野正之名誉教授などが旗手となり、多くの人にひろがっているものですが、授業改善だけではなく、研修方法の改善にも役立ちそうなことに気がつきました。

もちろん、対象は生徒ではなく、研修に御参加になる先生方です。でも、研修として一定の時間を過ごし、そして、その成果として何らかのものを持ち帰っていただくことに変わりはありません。

どんな工夫ができるのでしょうか。楽しみです。
[PR]

by tawashisroom | 2007-07-12 02:15 | 英語教育

<< 評価についての見直し 「覚えることと使うことにつなが... >>