「○○は△△だから」はなかなか通用しない?   

Nov. 21, 2006
音読のことでも思ったのですが、「音読は大切だからきちんとやろう」のような「○○は△△だから◇◇」という決めつけは、もう通用しないことが多いですね。私も含めて、英語が得意だった人が英語の教師には多いので、つい自分の中学校時代に今を重ねてしまって、「私は音読が大切だと思っていたので、今の子どもたちにもそう考えてほしい」と思いこんでしまい、子どもたちの嫌悪感に気づかず、「まったく、笛吹けど踊らずなんだから」と感じてしまうことがあります。

カリスマっぽい先生では、勢いで子どもがやり遂げてしまうこともありますが、でも、工夫もせずに続けていればそのうち生徒は本質に気づき、飽きてしまいます。

やっぱり、先入観をいかに脱するかです。そうして、きちんと価値付けをして、子どもに示さないといけません。言いは易く、行うは難しですがねぇ。
[PR]

by tawashisroom | 2006-11-21 23:03 | 英語教育

<< 雑記帳をBlogに移しました 音読ってやっぱりむずかしい >>