Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



東京外国語大学 根岸教授の御講演を聞いて

Nov. 26, 2004
昨日、県内の研究会に参加し、根岸先生のお話を聞いてきました。内容は評価についてのものでした。

根岸先生は大学の先輩ですが、きちっとしたお話を聞くのはこれが初めてで、とても得るものが多かった1時間半でした。

先日、佐野先生から「外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠」(朝日出版社)を紹介され、2800円と比較的高額だったのですが、勢いで購入しました。現物が手元に届いてからは、あちこちで見せびらかしながら(?)、紹介しまくっています。そうすると、その中の一人が「原本をWEBでダウンロードしたところだったので、日本語訳が出ていてうれしい」とお話しになり、やっぱりすごい人がいるんだと実感しました。

昨日の根岸先生のお話にもかなり触発されまして、レジュメの参考文献のところにあった「到達目標に向けての指導と評価」(本多敏幸)と国立教育政策研究所の「小中学校教育課程実施状況調査報告書 中学校英語」を買い込み、家に帰って本棚を見ると「英語テスト作成の達人マニュアル」(靜哲人)や「英語教師のための新しい評価法」(松沢伸二)などが未読のまま積んであり、こりゃいけないなと思った次第です。

とっても影響された御講演でした。

P.S.
お話の中で、高校の先生向けの研修でテスト用語についてのテストを実施したときの問題が披露され、「語順整序は英語でなんて言うのかな」「小問は英語でなんて言うのかな」「完成問題はどうかな」「問題がそのねらっているものをテストしてるかどうかをなんて言うのかな」などが会場に問われました。

私はどきっとしながら「最初はre-orderingかな(これは誤答。re-arrangementと言うそうです)。つぎはitemだろう(正解)。それからcompletionかな(これは不明)。最後は、妥当性だからvalidityだな。(これも不明ながら、おそらく正解)」と心のなかで答えていました。
[PR]
by tawashisroom | 2004-11-26 23:00 | 英語教育
<< ひさしぶりに「単元づくり」につ... 「これからの英語教師」を読んで >>


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル