「達人セミナー」 is driving me crazy...   

January 23, 2000
1月23日の茅ヶ崎「達人セミナー」に午前中だけ参加してきました。さまざまな収穫のあった半日でした。新年で呆けていた私ですが,やる気も出てきました。

まず,最初の茅ヶ崎市教委角田先生のお話にはさまざまなことを教えられました。やっぱり,人間が人間を教えるのですね。そこを勘違いしてしまうと,いろいろなテクニックが役に立ちません。また,いろいろなテクニックによって教師の魅力が,授業の魅力が高まるんだ,そんなことに今更ながら気がつきました。

また,角田先生と会場に数多く集まっていらっしゃった茅ヶ崎の先生方との温かな関係もすばらしいものでした。とてもうらやましく感じましたが,こればっかりは自分で作り上げて行くしかないですね。

次に,谷口先生の実践授業でした。先生の明朗さとユーモアがあふれている,心温まる授業でした。そして,次々に繰り出されるさまざまな実践例,圧倒されんばかりでした。

その実践例を自分の授業に取り入れるときには「真似して,崩して,作る」といいという言葉もありました。剣道の「守破離」の精神とも相通じるものがあります。

風邪気味なので,午後は家に帰って寝ていたのですが,寝ている最中でも「よし,自分ならどんな授業を進めていこうか」という気概が次々に湧いてきました。いやはや,「達人セミナー」は危険です。
[PR]

by tawashisroom | 2001-01-01 07:56 | 英語教育

<< 年間140時間から105時間へ 新しい教育課程ね…… >>