6月「達人セミナー」に参加して   

June 6, 1999
今年の初めにある会で実践例を報告したところ,その会に参加なさっていた方から「達人セミナー」に参加してワークショップを開こうと誘われ,ホイホイと参加してきました。

自分の発表の出来は,まああんなものでしょう。(発表の内容は「英語の授業は Hop, Step, Jump! 」という題名でそのうち載せます)

久しぶりに英語の授業についていろいろと考えされられた一日でした。さまざまな取り組みがわかったし,谷口先生をはじめとするスタッフのみなさんの温かな雰囲気など,心休まることばかりです。

また,長先生が,最後のあいさつの中で「このごろの研究授業は教科書から離れ,活動の最後の発表を取り上げたものが多い。もっと教科書を表に出そう」(かなり表現は違いましたが)ということを強調していらっしゃったのが,心に残りました。

年齢にこだわるわけではないのですが,発表者の半分以上は私よりもお若く,自分があの年代だった頃のことを思い出すと,恥ずかしくて3度の食事が5度になってしまいます(?) 冗談はさておき,とても刺激になった一日でした。英語教育についても,もう一度本腰を入れて取り組もうかなと思いました。
[PR]

by tawashisroom | 2001-01-01 04:54 | 英語教育

<< 総合的な学習ばっかりでもしょう... 1999年度は「実践」ではなく... >>