やる気の湧いてくる研究発表でした   

1998/10/30

10月30日に横浜国大附属鎌倉中の研究発表大会に参加しました。全体研究主題は「21世紀をたくましく生きる生徒の実践-横断的・総合的学習の開発と実践」でした。

英語科のテーマが「『話すこと』『聞くこと』に重点を置いたコミュニケーション能力の育成」で,公開授業が1つありました。ショックでした。Chat Timeというのがあり,2年生が(ぎこちない生徒もいましたが)一生懸命に英語で話しているのです。附属の先生方,やったねと感動しました。

実は,3年前まで私もそこのメンバーでした。そのときの私の授業を完全に上回っていたのが昨日の授業です。私の当時のクラスでは,なかなかそこまで出来ませんでした。「無理かな」と思っていました。しかし,知らず知らずのうちに生徒を枠にはめていたのかも知れません。

ということで,とてもやる気のかき立てられた授業でした。よし,いっちょう,今勤めている学校でもやってみようかという気にさせる研究発表でした。どんな準備をすればいいか,さまざまなことも分かりました。来年の3月くらいには,その結果が出ていればいいなと思っています。
[PR]

by tawashisroom | 2001-01-01 00:01 | 英語教育

<< まねばっかりの授業設計