Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



5年前のポメラはやっぱり使いやすい

f0124737_21191647.jpg
ポメラDM20というテキスト入力専門のデジタルツールを買ってから、もう5年以上経ちました。今日は久しぶりに外に持ち出し、電車の中でメモをまとめてみましたが、とても快適でした。

今日は、ちょっと東京まで出かけ、2時間半の勉強会に出席してきました。知的生産の技術をテーマとした会でしたので、学ぶことがとても多く、家に帰る途中でまとめをつくってしまいたくなりました。多分、そんな気持ちになるのではないかと予想していたので、家を出る時に準備をしました。




帰りの電車は指定席を確保し(ちょっと奢ってみました)ていたので、席に座って膝の上に鞄を置き、その上で作業します。持っていくツールの候補は次の通り。
 1 アイフォン
 2 アイフォン+キーボード
 3 タブレット+キーボード
 4 ノートPC
 5 ポメラ

勉強会の最中に作った手書きメモをもとに打ち込むことにしたので、長文になります。そこで「1」はなし。また、膝の上の鞄に乗せての作業になるので、「2」は不安定。「3」はキーボードが小さいので、打ち間違いが多く、ストレスがたまるので除外。「4」は大きくて重い。結論として、「5」のポメラにしました。重さは約400グラム。厚めの文庫本2冊くらいの大きさなので、鞄にもなんとか入ります。電池が切れていたので、単4を2本、入れ替えました。ボタン電池の交換は後回しです。

勉強会ではノートパソコンで記録を取る参加者の方も多く、そういう時代なんだなと思いました。自分の場合は、A5サイズのノートに気ままに手書きでメモし、図なども交えた記録を取ることにしています。そのほうが、気楽で気軽にメモができ、講演の内容も自分流に理解できる気がしています。人はさまざまですね。

会を終え、帰りの電車に乗って席に座り、鞄の上にポメラを広げました。しばらく使わなかったので、ゴムの部分が少しべたついていましたが、キーボードは異常なし。とても快適に打ち込めます。メモを見ながら30分間で約800字を打ち込み、MicroSDカードに保存しました。ただ、カード経由でパソコンに移すのも面倒なので、QRコードを作成し、アイフォンのアプリで読み取ります。QRコード5回分ですが、とてもスムーズに取り込めました。自宅に帰り、そのテキストをPushbulletというアプリでパソコンに移しました。そして、仕事場に提出する自主研レポートを作成して、一件落着です。

前回使ってから1年ほどが経っていましたが、テキストの打ち込みには最適です。今日の勉強会で、講師のお話に「自分と親和性の高い道具が一番いい」「デジタルツールとアナログツールをうまく使い分けることだ」ということが出てきましたが、そのとおりだと実感しました。

さて、次の活躍の機会はいつでしょうか。

[PR]
by tawashisroom | 2016-08-28 21:52 | 仕事の進め方
<< 叩きこむための活動づくり──友... 「おじさんも負けていられない」... >>


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル