SSDを使うと、iTunesの反応も速くなる!   

f0124737_005589.jpg

自宅のPCは Windows XP で、もう長いこと使っています。それほど不便を感じるときはないのですが、あえて言うとすれば次の二つです。

● 動画のオーサリングが一晩かかる。
● iTunes の起動が遅く、とくに store が表示されてしまうと、カーソルの速さが亀くらいになってしまい、「カーソルじゃなくてタートルだ」と言ってしまいそうになる。

4月に職場が変わり、ICTに堪能な同僚がたくさんいます。その方たちから「SSDにすると、反応がパキパキになり、とても快適だよ」というささやきが何度もありました。

こちらもなんとかしようと思っていたのですが、何せ、我が家も緊縮財政ですので、やりたいこと三つのうち、一つくらいしかできません。

その1 現在1GBのRAMを2GBに。
その2 プリンタを AirPirnt 対応のものにして、iPadやiPhoneから直接印刷可能に
その3 SSDへの換装

近くのPCショップに何度か足を運び、必要な予算を確かめました。

その1の場合は、私のPCが古いため、RAMの形式も古く、かえって高くついてしまいます。六千円はかかりそうです。XPのサポートは2014年の4月までだし、ちょっと考えてしまいました。

その2の場合は、7~9千円程度でできそうなのですが、その場合、給紙が一か所の機種になってしまい、手差し給紙ができません。葉書印刷などにちょっと不便です。

ということで、「その3」を選びました。ADATAのS510という120GBのものが9千円程度で売っていましたので、500円くらいのSATA-USB変換ケーブルと一緒に購入。締めて1万円札が飛んでいきました。

実質、休日の午前中と夕方を使ってなんとか換装しました。

その結果、とても快適です。どのアプリをとっても起動はパキパキですし、iTunes もさっと立ち上がります。store になっても、カーソルはスイスイ動きます。

買ってよかったなと思う一瞬でした。
[PR]

by tawashisroom | 2012-05-31 00:55 | iPad iPhone Mac mini

<< 今日のワンフレーズ 12(442) 今日のワンフレーズ 11(441) >>