Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



語研発表参加メモその2 授業公開はおもしろい

f0124737_233678.jpg
語学教育研究所研究発表大会参加メモその2です。

11月19日は、主に「ビデオによる授業観察」に参加しました。東京学芸大附属世田谷中学校3年生の授業で、現在分詞の後置修飾を取り上げていました。

まずは、ビデオを見て、授業者と助言者のコメントを聞いて思ったことです。




オーラルインタラクションで、新出語句も音と意味を入れてから、つづりを示して生徒と一緒に読み、数人に発音させるのは上手いと思いました。

それから、生徒から反応を引き出すときに先生のジェスチャーはとても有効だなと思います。手と腕を使って、明確に指示していました。

授業最初のあいさつと本文1パート分のオーラルインタラクションで18分、使用した絵・写真は9枚でした。黒板一杯を使ったものでした。そのあとの授業活動が大丈夫かなと思ったのですが、さりげなく、本日の目標の一つである現在分詞の後置修飾を黒板の最上段に書いてありました。ウマイ!

オーラルインタラクションの参考資料としては、wikipediaの"simple English"が参考になるとの話でした。後で見てみましょう。

「本文の解説については、ここでしかやることができないことに絞り、5分以内に実施する」、いやあ参考になります。

音読の個別練習の時には数人の生徒の脇で腰を屈めて耳を傾ける授業者の姿が印象的でした。

「正確な発音指導をもっとやった方がよかった」というのも私にとっては新鮮な指摘です。

Read&Look-upのときに、オーラルインタラクションで使った絵・写真や語句が黒板に残っているので、生徒にとって大きなヒントになっていて、ここも上手いなと思います。
「穴読み」シートにも工夫満載です。家庭学習として読んだり、書いたりした回数チェック欄もありますし、両面印刷でA面は基本コース、もっと難しいものに挑戦したい人向けにB面があるのもおもしろい工夫です。

質疑応答のときの隈部先生のコメントもとても勉強になりました。爆笑ものでしたが、厳しい指摘も含まれ、さすが隈部先生だなと思いました。(具体的な内容をお知りになりたい方はリクエストをどうぞ。個別にお答えします。)
[PR]
by tawashisroom | 2011-11-20 08:01 | 英語教育
<< 7 #43 発問してから指名する 語研大会の配付資料はおもしろい >>


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル