Welcome to Tawashi's Room 雑記帳



「教室に小さなアメリカをつくるな」について

f0124737_23343939.jpg

前回に続いて、直山先生のお話を聞いて考えたことです。
外国語活動の時間に月の名前を導入するときに、イースターやハロウィーンを紹介するよりも、菖蒲湯や七五三を紹介することを考えた方がよい。小学校の教室に小さなアメリカやイギリスをつくるのではない。日本の文化に触れながら外国語に親しませる活動が大切である。

思えば、私が中学生だったころの教科書は、登場人物の活躍する舞台は日本ではなくアメリカだったような気がします。その後、教師になってからは、教科書の本文の舞台は日本の中学校になり、日本人の中学生が同級生の外国人と一緒に学校生活を過ごすというものがほとんどでした。中学校英語の教科書の舞台も、外国から日本に移ってきました。生徒たちにとってもその方がイメージしやすく、また、部活動や授業など身近なことを英語で表現するときにも教科書の英語表現が活用しやすかったようです。ですから、中学の英語の教科書でも、小さな外国の世界を教室につくり上げるのではなく、日本の学校などの日本文化を英語で表現することが主流となってきていると感じます。

また、この言葉は、英語の授業をとおして育てたい子ども像をどうするかということにもつながってきます。いわゆる外国かぶれをつくるのではなく、欧米文化の崇拝者をつくるのでもありません。自分の文化を大切にしながら、他の文化を尊重する心を育てようとするものです。

ただ、外国そして外国語というものが持つexoticismは無視できません。英語の授業の魅力の一つです。その生かし方の一つとして、中学校や高校の英語の授業で教師が英語の名前を名乗ったり、生徒が英語名を付けるなどの実践を見たことがあります。教科担任制を取っている中・高では、そのクラスの生徒に授業で会うのは英語の時間だけですので(そのクラスの学級担任だったらどうしているのかなという疑問が今浮かびましたが)、ある程度有効かとは思います。ただ、自分自身はやったこともありませんし、やるつもりもありませんでしたが。

また、外国の文化を集中して取り上げることも、小学校の外国語活動の目標にはあまりなじまないかもしれませんが、中・高の英語教育では「(言語や文化の)知識・理解」という評価の観点があるとおり、十分価値のあるところです。これは、小学生と中学生という発達段階の違いもある程度影響しているかと思います。

exoticismを例に出しながらいくつか述べてきましたが、いずれにしても「小学校の教室に小さなアメリカやイギリスをつくるのではない」という言葉は、中・高の英語の授業づくりを改善するときにも、大きな手がかりになると思います。小学校ばかりでなく、中学校、高校でも役に立つ言葉、まさに、一粒で三度おいしいものです。
[PR]
by tawashisroom | 2009-07-12 23:36 | 英語教育
<< 体験とは気付いて、発見して、納... 音読の声は大きければいいのかな... >>


英語教育、授業、研修、iPhone・iPad、自転車についてのあれこれ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
紹介
このBlogは拙ホームページ「こんな英語の授業をしています Welcome to Tawashi's Room」の雑記帳です。最初の記事は1998年10月30日でした。
また、コメントやトラックバックは承認制としています。
検索
以前の記事
その他のジャンル
ブログジャンル